Fashion / Editor's Post

全部欲しい♡ ヴァン クリーフ&アーペルの『ペルレ コレクション』

全部欲しい♡ ヴァン クリーフ&アーペルの『ペルレ コレクション』

ヴァン クリーフ&アーペルの『ペルレ コレクション』より、ハードストーンとダイヤモンドがあしらわれた新作が登場。わたくし、清原あいかが展示会に伺って、試着しまくってきました。

 

 

 

展示会にてプレスの方からの商品説明が終わると、案内されたのが、実際にジュエリーを試着できるお部屋。可愛らしいお花と、夢のようなジュエリーボックスが出迎えてくれました!! いやー、もうこれだけで女子に生まれてよかった♡ めっちゃ気分があがりますー!

 

 

まずは左手。欲望に任せて新作の『ペルレ クルール アントレ レ ドア リング』を重ね着け。写真撮ってくださいとばかりに用意された美しいお花と一緒に(笑)。「ペルレ コレクション」といえばのゴールドビーズの繊細な縁取り。そして、ヴァン クリーフといえばの指と指の間をアシンメトリーに飾る「アントレ レ ドア」。そのふたつが融合した新作リング♡ もう可愛くないわけがない♡♡ 人差し指の赤いタイプがピンクゴールド×カーネリアン×ダイヤモンド(¥815,000)。薬指のグリーンタイプがイエローゴールド×マラカイト×ダイヤモンド(¥900,000)。ふたつを着けるとお花にも負けないドラマティックな印象に♡ 写真だとうまく伝わらないのですが、グリーンのマラカイトには、白い線がキレイにシャシャッと入っていて、なんとその線はすべて45度だとか。そんな45度の線が入ったものだけを厳選して使用しているメゾンのこだわりにグッときます。ブレスレットも欲望のままに、ダイヤモンドがあしらわれた『ペルレ クローバー ブレスレット』とザ・ペルレ!な『ペルレ ゴールドパール ブレスレット』を。ヴァンクリーフのゴールドは、ギラギラせずに、女性らしいまばゆい柔らかな輝きが特徴。このコーディネートはヴィンテージっぽいファッションに合いそうだから、秋にやってみたいーー!

 

 

それでもって右手です。こちらは、夏らしくホワイトゴールドでコーディネートしてみました。薬指は、ホワイトゴールド×ターコイズ×ダイヤモンドの『ペルレ クルール アントレ レ ドア リング』(¥1,125,000)。やっぱりびっくりするほど可愛い♡ 人差し指は、ホワイトゴールド×ダイヤモンドの『ペルレ クローバー リング』。雪のようなキラキラとした光を放つゴージャスなダイヤモンドの ブレスレットとクローバーモチーフのブレスレットと一緒に合わせたら、さらに気分が盛り上がりました(笑)。ていうか、今日着けてきましたか?的な感じのコーディネートに仕上がり、わたくし若干調子に乗っちゃいました。嗚呼、本気で本気で全部自分のものだったらいいのに・・・。

 

 

というわけで、欲望に身を任せた結果、左手はオールゴールドで、右手はオールホワイトゴールドという、大変おめでたい感じに・・・! ダイヤモンドとハードストーンをこんなにもおしゃれに融合させるヴァン クリーフのクリエーション。個人的に以前からずーーーと欲しいなと思っていて、絶対にファースト・ヴァン クリーフを買うなら!と心に決めている『ソクラテス アントレ レ ドア リング』に勝る、超強力なライバル出現!! ギャ~~~~!!全部欲しい。全石欲しい。しかしながら、なにはともあれ、お金貯めなきゃですね。はい、お仕事がんばります!

 

ちなみに『ペルレ クルール アントレ レ ドア リング』は2016年8月31日発売予定です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Profile

清原あいかAika Kiyohara コントリビューティング・ファッション・エディター/スタイリスト/ブランド&アーティストアドバイザー/ライター。2009年より『Numéro TOKYO』に参加。田中杏子に師事後、独立。17年より東京と海外を行き来しながら活動中。そのフットワーク軽いライフスタイルからアドレスホッパーとしても注目される。各国のブランドイベントにも神出鬼没中。自他ともに認めるファッションアディクトながら、辿り着いた結論が”一年中水着で過ごせる場所に住む”。Instagram @kiyoai413

Recommended Post

Magazine

ec

SEPTEMBER 2020 N°139

2020.7.28発売

It’s a Change

はじまり はじまり

オンライン書店で購入する