田中杏子の私的ビューティ考 Vol.35 春のカラフルメイク | Numero TOKYO
Beauty / Feature

田中杏子の私的ビューティ考 Vol.35 春のカラフルメイク

小誌編集長・田中杏子のプライベートな視点からコスメを紹介。今回はメイクアクセントにしたい春新色のカラーアイテム6品をセレクト。(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2024年3月号掲載)

 

 

Dior|ディオール

ドラマティックに楽しむ赤のリップ

「これ1本でエレガンスが完成するパーフェクトな赤」。美しい発色とツヤ、潤いがさらに持続する処方へとグレードアップ。おすすめはディオールを象徴する999の鮮やかなレッド。ひと塗りで春メイクにドラマティックな彩りをもたらす。環境に配慮したレフィラブル仕様。

ルージュ ディオール 999S ¥5,940/Dior(パルファン・クリスチャン・ディオール)
ルージュ ディオール 999S ¥5,940/Dior(パルファン・クリスチャン・ディオール)

Addiction|アディクション

色に遊び心を宿すリップティント

「みずみずしいツヤとともに、パープルやオレンジがクリアに発色。ベタつかず気軽にニュアンスカラーを楽しめます」。ティントの色持ちの良さ、グロスのぷっくりとしたツヤ感を兼備。エッジのきいた色も軽やかに楽しめるハイブリッド処方のリップカラー。

リップ セラム ティント 左から:008、005 ¥3,520(2月2日発売)/Addiction(アディクション ビューティ)
リップ セラム ティント 左から:008、005 ¥3,520(2月2日発売)/Addiction(アディクション ビューティ)

Osaji|オサジ

唇にお洒落なニュアンスをオン

「唇をふっくらツヤっぽく演出しつつ色のニュアンスを添えてくれます」。色と潤いで唇を包み、プランパー効果も備えたリップグロス。青みの強いベリーなパープル、明るさと煌めきのニュアンスを与えるイエロー。

ニュアンス リップグロス 左から:11、10  ¥3,080/Osaji(オサジ)
ニュアンス リップグロス 左から:11、10 ¥3,080/Osaji(オサジ)

RMK|アールエムケー

春の目元を彩りたいセンシュアルな赤

「繊細なパールと発色は自由に重ねても美しいまま。モードな色遊びができる4色です」。右下の輝度の高いシルバーベージュが華やかなアクセントを添える、モードなレッドやトープ系カラーのパレット。

シンクロマティック アイシャドウパレット 08 ¥6,380/RMK Division
シンクロマティック アイシャドウパレット 08 ¥6,380/RMK Division

Nars|ナーズ

ソフトマットな唇でインパクトを残す

「塗りやすく、ふわっと軽くてマットな仕上がりながら高発色」。唇に塗布するとクリームからマットに変化、ピタッと密着して長時間持続。888はカルト的な人気を誇るくすみローズ。

パワーマット ハイインテシティ リップペンシル 888 ¥4,180/Nars(ナーズ ジャパン)
パワーマット ハイインテシティ リップペンシル 888 ¥4,180/Nars(ナーズ ジャパン)

Paul & Joe Beauté|ポール&ジョー ボーテ

眉カラーリングで春の訪れを告げて

「眉色を変えるだけで気分まで明るくなりそう」。クリアな色づきで自然な印象に眉をカラーリング。カーキやイエローで眉を軽やかに、プラムレッドでセンシュアルに、と自在に印象をチェンジ。

アイブロウ マスカラ 左から:04、05、03 ¥3,300/Paul&Joe Beauté(ポール&ジョー ボーテ)
アイブロウ マスカラ 左から:04、05、03 ¥3,300/Paul&Joe Beauté(ポール&ジョー ボーテ)



Photos:John Chan Edit:Naho Sasaki

Magazine

MAY 2024 N°176

2024.3.28 発売

Black&White

白と黒

オンライン書店で購入する