偏愛スカーフ物語 vol.9 フリーランスPR 山本莉昌子 | Numero TOKYO
Fashion / Feature

偏愛スカーフ物語 vol.9 フリーランスPR 山本莉昌子

たった一枚の布。その図柄や色、素材によって表現できる世界観の奥深さと、多様性、そして機能性。シンプルでありながら、一言では語りつくせない魅力で愛されているスカーフ。十人十色の物語を探るべく、愛用品を見せてもらった。(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2023年9月号掲載)

山本莉昌子|フリーランスPR

家族で譲り受けたスカーフを纏う喜び

「ケンゾーのスカーフ(写真左)は、夫が祖母からを受け継いだもの。使い道がなかったらしく、私が使うとうれしそうです。かなり大判なので、ボリュームが出て使いやすい。華やかさと品の良さがあるレオパードは不思議とコーディネートに馴染みます。

イヴ・サンローランのスカーフはヴィンテージショップで購入したもの(写真中央)と、母から(写真右)。長方形タイプはTシャツやワンピースの上から巻きつけて。柄物や色物を纏う際に、もうひとひねりほしいときに活躍します」

特集「偏愛スカーフ物語」をもっと読む

Photos:Kouki Hayashi Edit & Text : Aika Kawada

Profile

山本莉昌子Riyoko Yamamoto セレクトショップやブランドで働き、現在はフリーランスに。ファッションや美容、ライフスタイルなどのPRを担当する。

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する