見たことない!を届ける気鋭の表現者たち。vol.3 ウィッグメーカー・河野富広 | Numero TOKYO
Culture / Feature

見たことない!を届ける気鋭の表現者たち。vol.3 ウィッグメーカー・河野富広

「これいったい何!?」と思わず見入ってしまうような“普通じゃない”を覚える作品に、いまワクワクが止まらない。 それらを生み出し、私たちの感性を刺激してやまないアーティストやクリエイターをピックアップ!
第3回はウィッグメーカー、konomad主宰の河野富広(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』12月号掲載


独創的で気軽にトランスフォームできるものを

「ヘアスタイリストとしてクライアントのニーズに合わせるだけではなく、ゼロから新しいものを生み出す表現の世界に興味を持ち、スタートしたのがウィッグメイキングでした。ヘアはファッションの中で最もスカルプチュアルで、自己を劇的に変えられるパーツ。そして、ウィッグは大胆なアイデアを表現できるのが魅力です。スタイルを模索する過程で影響を受けたのは、ヘアの常識を覆しアートの世界へと昇華したヴィダル・サスーン氏や東京のストリートカルチャー、イギリスやアメリカのミュージックシーン、日本の髪結い技術など」

今年9月にリリースされたビョークのアルバムでは自然の生き物をテーマにした「クリーチャー・ウィッグ」を提供。「クライアントのために制作したものも、自分のフォーマットで作品をアーカイブ化、コピーライトを付けて記録しています。作品を後世に残すためにも欠かせない作業です」。ウィッグの一般的な概念を変えていくために新しいアイデアで可能性を探っている。 『Fancy Creatures』2022年 Photo:Sayaka Maruyama Wig : Tomihiro Kono Model: Yunn
今年9月にリリースされたビョークのアルバムでは自然の生き物をテーマにした「クリーチャー・ウィッグ」を提供。「クライアントのために制作したものも、自分のフォーマットで作品をアーカイブ化、コピーライトを付けて記録しています。作品を後世に残すためにも欠かせない作業です」。ウィッグの一般的な概念を変えていくために新しいアイデアで可能性を探っている。 『Fancy Creatures』2022年 Photo:Sayaka Maruyama Wig : Tomihiro Kono Model: Yunn

「現在は主にアーティストやショーのためのフルウィッグと、気軽に着けられるファンシー・ウィッグを手がけています。ファンシー・ウィッグは、ジュエリーのように毎日気分を変えられるよう僕が編み出したもの。瞬発的で自由度の高いトランスフォーメーションがコンセプトです。独特の色合いは、海の生物や昆虫類などのカラフルな体色に着想を得ることが多いですね。一見すると合わなさそうな色の組み合わせも複雑で繊細なバランスによって生み出されている。その美しい姿に刺激を受けます」

ライラックカラーが印象的なフルウィッグ。「フルウィッグはオートクチュール。1つを作るのに3、4カ月かかることもあります」 『PERSONAS 111』2020年 Photo:Sayaka Maruyama Wig : Tomihiro Kono Model: Cameron Lee Phan
ライラックカラーが印象的なフルウィッグ。「フルウィッグはオートクチュール。1つを作るのに3、4カ月かかることもあります」 『PERSONAS 111』2020年 Photo:Sayaka Maruyama Wig : Tomihiro Kono Model: Cameron Lee Phan

クリップでワンタッチで装着でき、簡単にイメージチェンジできる「ファンシー・ウィッグ」。ハートマークが描かれた「愛のエクステ」は、地毛とのバランスを楽しみながらアクセサリー感覚で取り入れることができる。「どうしても高額になってしまうハンドメイドのフルウィッグと違い、比較的手に取りやすい価格の着脱可能なものとして考案したのがファンシー・ウィッグです」。着けたいときに着けられる気軽なファッションアイテムとして感度の高い若い世代を中心に人気を誇る。 『Fancy Love Extension 』2021年 Photo:Sayaka Maruyama Fancy Wig:Tomihiro Kono Model:TIARA
クリップでワンタッチで装着でき、簡単にイメージチェンジできる「ファンシー・ウィッグ」。ハートマークが描かれた「愛のエクステ」は、地毛とのバランスを楽しみながらアクセサリー感覚で取り入れることができる。「どうしても高額になってしまうハンドメイドのフルウィッグと違い、比較的手に取りやすい価格の着脱可能なものとして考案したのがファンシー・ウィッグです」。着けたいときに着けられる気軽なファッションアイテムとして感度の高い若い世代を中心に人気を誇る。 『Fancy Love Extension 』2021年 Photo:Sayaka Maruyama Fancy Wig:Tomihiro Kono Model:TIARA

「従来のウィッグはコンプレックスを隠すもので、かぶることに対する恐怖感を持つ人もいたと思います。でも、僕が提案するウィッグは遊び心を優先したプロダクト。着け方も着ける位置も限定しない自由さがある。作り手である自分ですら想像しなかった発想で着けてくれている人を見るとうれしくなります。これからもファッションを楽しみたい人、個性を表現したい人の力添えになるようなウィッグを作りたいです」

特集「見たことない! を届ける気鋭の表現者たち」をもっと読む


Interview & Text:Mariko Uramoto Edit:Sayaka Ito, Mariko Kimbara

Profile

河野富広Tomihiro Kono 近年ではビョークの新作アルバムのためやメゾン マルジェラ、ヘブンバイマークジェイコブスなどブランドとのコラボプロジェクトでウィッグを制作。ファンシー・ウィッグのカラフルさと自由なポップさが世界の注目を集めている。クリエイティブプラットフォーム「konomad」では自身がキュレーションした若手作家、クリエイターとともにポップアップを不定期で開催。

Magazine

MARCH 2023 N°164

2023.1.27 発売

Free for me

私らしく、自由に

オンライン書店で購入する