ファッションストーリー「未知なるモードとの遭遇」【2023年リゾートコレクション】 | Numero TOKYO
Fashion / Feature

ファッションストーリー「未知なるモードとの遭遇」

SFストーリーを得意とするフランスベースのフォトグラファーダミアン・クリスル。時にミニマムエレガンス、時にオーバードレスドのスペーシーな2023年リゾートコレクションのルックを中心に、少しレトロなムードのネオSFストーリーを撮り下ろした。(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2022年1・2月合併号掲載)



エイリアンさながらに魅せるロゴの魅力

トップ¥269,500  タイツ¥49,500/ともにValentino ブーツ¥244,200/Valentino Garavani(ヴァレンティノ インフォメーションデスク 03-6384-3512)
トップ¥269,500 タイツ¥49,500/ともにValentino ブーツ¥244,200/Valentino Garavani(ヴァレンティノ インフォメーションデスク 03-6384-3512)

ヴァレンティノの新しいロゴパターン「トワル イコノグラフ」。異星人がボディスーツを纏うように、ボウタイブラウス、タイツ、ブーツで全身をロゴで埋めつくして、ブランドのレガシーを主張して。



インベーダーゲームのプリンセス

トップ(メンズアイテム)¥170,500  スカート¥473,000(予定価格)/ともにFendi(フェンディ ジャパン 03-3514-6187)
トップ(メンズアイテム)¥170,500 スカート¥473,000(予定価格)/ともにFendi(フェンディ ジャパン 03-3514-6187)

グリッターのロゴが主張するTシャツと、シルバースパンコールが総刺繍されミントグリーンのシルクがアタッチされたスカートのスペーシーなルック。フェンディが得意とするエレガンスさも醸してくれる。



異星に降り立つ時は煌めきを主張して

トップ¥125,900 パンツ¥267,400/ともにPaco Rabanne(エドストローム オフィス 03-6427-5901)
トップ¥125,900 パンツ¥267,400/ともにPaco Rabanne(エドストローム オフィス 03-6427-5901)

パコ ラバンヌのオールスパンコールのセットアップ。クロップド丈は今季っぽいデザインで、襟元や袖のディテールには、ブランドらしいフェミニンさが香る。イベント解禁時期だからこそ気合の入れたパーティルックをゲットしたい。 

アンニュイシェイプに漂うソリッドなレッド

ジャケットコート/032c RTW(032c.com)
ジャケットコート/032c RTW(032c.com)

ドイツ発のカルチャーマガジン「ゼロスリーツーシー」が手掛けるファッションブランド。ジル サンダーやプラダなどで経験を積んだマリア・コッホがクリエイティブディレクターとなり、グラフィカルなデザインのワークウェア要素が落とし込まれている。今回の2022年秋冬コレクションでは、港というワーキングプレースにインスパイアされたルックを展開。赤が目を引く、着心地の良い美しいシルエットに包まれたい。
 
 

スタートレッキングにぴったりなスタイルで

アイウェア¥87,000/Gucci(ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス 0800-555-1001) ドレス/ヴィンテージ
アイウェア¥87,000/Gucci(ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス 0800-555-1001) ドレス/ヴィンテージ

スタンリー・キューブリックの世界観を彷彿とさせるような、不思議な違和感を覚えるデザインのアイウェアはグッチから。ドラゴンフライアイのような巨大なレッドレンズが、ブラック&ホワイトのバイカラーでフレーミングされた。
 
 

60sなレトロ近未来

アイウエア/ヴィンテージ
アイウエア/ヴィンテージ

ゴーグルアイウェアを投入すれば、一気にフューチャリスティックなムードへ。ホワイトのフレームがさらに気分を高めてくれる。

 

密談は抜かりないスペーシーウェアで

<モデル・右>ケープ参考商品 メタリックデニム(参考色)¥385,000/ともにLouis Vuitton(ルイ・ヴィトン クライアントサービス 0120-00-1854) シューズ(参考色)¥123,200/Loewe(ロエベ ジャパン クライアントサービス 03-6215-6116) <モデル・前>トップ 参考商品/Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン クライアントサービス0120-00-1854) バイザー 参考商品/Courrèges(エドストローム オフィス 03-6427-5901) <モデル・左>コート(参考色)¥2,344,100 パンツ(参考色)¥106,700/ともにLoewe(ロエベ ジャパン クライアントサービス03-6215-6116) バラクラヴァ/And The Brand アイウェア 参考商品/Alaïa(アライア リシュモン ジャパン株式会社 アライア 03-4461-8340) シューズ(参考色)¥143,000/Prada(プラダ クライアントサービス  0120-45-1913)
<モデル・右>ケープ参考商品 メタリックデニム(参考色)¥385,000/ともにLouis Vuitton(ルイ・ヴィトン クライアントサービス 0120-00-1854) シューズ(参考色)¥123,200/Loewe(ロエベ ジャパン クライアントサービス 03-6215-6116) <モデル・前>トップ 参考商品/Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン クライアントサービス0120-00-1854) バイザー 参考商品/Courrèges(エドストローム オフィス 03-6427-5901) <モデル・左>コート(参考色)¥2,344,100 パンツ(参考色)¥106,700/ともにLoewe(ロエベ ジャパン クライアントサービス03-6215-6116) バラクラヴァ/And The Brand アイウェア 参考商品/Alaïa(アライア リシュモン ジャパン株式会社 アライア 03-4461-8340) シューズ(参考色)¥143,000/Prada(プラダ クライアントサービス 0120-45-1913)

右と手前のモデルが着用しているのは、ユートピアンフューチャーを描いたルイ・ヴィトンから。右モデルは、幾層にもレイヤードされた襟が特徴的なケープに、メタリックのデニムはまさにSFスタイル。手前モデルは、シルバーのモールでチェック柄が描かれたトップに身を包む。左のモデルは、ロエベの舞台服さながらに大小のポンポンで構成されたコートとスウェットパンツを纏う。過剰な装飾とデイリーウェアという相反するアイテムの対比を楽しみたい。
 
 

過去と未来をループするガール

ドレス¥396,000/Courrèges(エドストローム オフィス 03-6427-5901)ピアス/モデル私物
ドレス¥396,000/Courrèges(エドストローム オフィス 03-6427-5901)ピアス/モデル私物

フロントにシルバーのメタリック加工、さらにその上にレッドのスプレーが施された、クレージュのドレス。ミニマムクールなデザインでスペースエイジに浸って。

 

煌めきを纏う宇宙船のヒロイン

トップ スカート ともに参考商品/Prada(プラダ クライアントサービス 0120-45-1913)
トップ スカート ともに参考商品/Prada(プラダ クライアントサービス 0120-45-1913)

プラダのメタルパネルが組み合わされたトップ&スカート。ミラーボールのように反射するセットアップならクラブシーンで目立つこと間違いなし。

ファッションストーリーをもっと見る

Photos:Damien Krisl Art Director:Romane De Cidrac Styling:Yulia Harfouch at Tilsitt Medias Consulting Set Design:Sylvain Cabouat at WSM Hair:David Delicourt at Calliste Agency Makeup:Marie Guillon at All About Group Model:Clemence Loe at Premium Models Laser Techinician:Blaise Basdevant Production:Siqian Yang Edit & Text:Midori Oiwa

Magazine

MARCH 2023 N°164

2023.1.27 発売

Free for me

私らしく、自由に

オンライン書店で購入する