「チェスターコート vs ケープコート」この冬、あなたはどちらを選ぶ? | Numero TOKYO
Fashion / Post

「チェスターコート vs ケープコート」この冬、あなたはどちらを選ぶ?

今年も冬がやって来る。この季節に街の景色をつくるのは、澄んだ空気とあなたのコート。ここでは、使えて、映える、編集部おすすめのブラックコートの中から、優しい肌触りと温もりはもちろん、どこから見ても美しいシルエットを備えた2着を比較。この冬、あなたならどちらのコートを選ぶ?

チェスターフィールドコート

チェスターコート ¥132,000/Lautashi
チェスターコート ¥132,000/Lautashi

こちらは「Lautashi(ラウタシー)」のチェスターフィールドコート。デザイナーの鈴木えみ自身が「こんなコートが欲しい!を100%詰め込んで作った」というウールコートは、「SUPER 160's」のウールを採用しており、カシミアのような滑らかな肌触りが特徴。

ジャケット感覚で着られるスタンダードなチェスターフィールドコートだが、ほんのり肩を広めに取っており、ストンとした長めのシルエットがシャープで洗練された印象を与える。4つポケットもデザイン性を高めるアクセントだ。

ケープコート

ケープコート ¥64,900/Wrinn
ケープコート ¥64,900/Wrinn

こちらはWRINN(リン)のポンチョのようなオーバーサイズコート。袖もゆったりしているため、厚いニットの上からも着用可能。柔らかなウールをさらりとまとうような、動きのあるシルエットで、タイトなボトムやニーハイブーツとの相性は抜群。スタイリング次第で印象の変化も楽しめる。

素材はラムウールを使用したメルトンで、ウール本来のふくらみと柔らかさを残すため、ウール100%にこだわって作られており、生地の分量の多さとは裏腹に、着心地はとても軽やか。

黒いウールのコートという永遠の定番だからこそ、シルエットにはとことんこだわりたいもの。今回紹介した2着はNumero CLOSETでお取り扱い中。手持ちのアイテムや好みのスタイリングに合わせてウィッシュリストに加えてみて!

Numero CLOSET

https://shop.numero.jp

Magazine

MARCH 2023 N°164

2023.1.27 発売

Free for me

私らしく、自由に

オンライン書店で購入する