神崎恵、ルナソルで纏う新しい美しさと輝き | Numero TOKYO
Beauty / Feature

神崎恵、ルナソルで纏う新しい美しさと輝きPROMOTION

 

美容家という枠を超え、多くの人を惹きつけてやまない神崎恵さんが、ブレない芯を持つ美しさでシンクロするルナソルの魅力を紐解く。(『Numero TOKYO EXTRA / 神崎恵、美しさの秘密』掲載)  

トップ¥15,400/Fray I.D(フレイ アイディー ルミネ新宿2店)
トップ¥15,400/Fray I.D(フレイ アイディー ルミネ新宿2店)

“ダークなモードメイクでも印象は透き通る。ルナソルだからできること”

グレイッシュに輝く囲み目で強く、気高く、神秘的な印象に
目元を囲んだ奥行きのあるスモーキーカラーを中心に、シックでエレガントなモードメイク。〈目元〉アイカラーレーション17、インテレクチュアルリクイドアイライナーN 02 ¥3,300(※セット価格)、フラッタリングパワーアイラッシュ 01¥3,850、スタイリングアイブロウペンシル(フラット) 01 ¥3,850(※セット価格)〈頬〉カラーリングシアーチークス(グロウ)01 ¥3,850(※セット価格)〈リップ〉プランプメロウリップス サテン EX11 ¥4,400(9月16日限定発売)/すべてLunasol(カネボウ化粧品)

 

“人生と共に歩んできた”―ルナソルと神崎恵の軌跡

1999年のデビューからずっとルナソルに魅せられ続けてきたと言う神崎恵さん。触れるたび、纏うたび、鮮烈に驚いたという、その魅力を語る。

“23年間ずっと、そしてこれからもルナソルは私の定番です”
「ルナソルの誕生は私が24歳の時。ファッションには色々なスタイルがあったのに、メイクはコンサバ一択だった中、“ネオなコンサバティブ”なルナソルの登場はとても衝撃的でした。王道だけれど、ちょっとモードで洗練されていて、メイクをしているのに素肌の美しさや透明感が際立つかのように見えることに感動しました。派手な輝きではなく、静かで繊細な煌めきや肌に寄り添う質感が、こんなにも美しく魅せてくれるんだ―というその感動は、今でも鮮明に残っていて、コレクションが出るたびにアイシャドウやリップを限定色まで全色買いしていた記憶も(笑)。品よく清潔感を演出したい。今の空気感も出したい。そんな想いをバランスよく両立してくれるからこそ、23年間ずっと、そしてこれからもルナソルは私の定番です」

“ここぞっていう勝負の日は、ルナソルのチークの出番なんです”
「メイクの美しさを見せたいというよりは、私自身の存在感を伝えたい。そう願うシチュエーションで、必ず手にするのがルナソルの淡いベージュチークです。モード感もコンサバ感も、肌そのものの透明感も、顔立ちを美しく際立たせてくれる立体感も、ヘルシーさを感じさせるほのかな血色感も、そのすべての印象を手に入れられるのがルナソルなんです。そして秘めている輝きも、見るからに“動”と感じるグリッターのようなものではなく、静か。でも、どこかに勢いを感じる独特の美しさがあって。私は着物や浴衣が好きでよく着るのですが、和装にもルナソルは似合うんです。日本発ならではの感性だからなのかな、と思います。肌をキレイに見せたいけど、粋にも見せたい。そんなリクエストにも、ハイレベルで応えてくれます」


左から:温かみのある目元を生み出すオレンジ×ガーネット。アイカラーレーション 16、スモーキークォーツのような輝きと陰影のバランスが美しい。同 17 ¥6,820(9月16日発売)、美容液のようなオイルにバームを溶かし込んでふっくらとした感触を叶え、優しくメイクオフ。天然精油(香料の一部)の心地よい香り。テンダーハグ バームオイルクレンジング 150ml ¥4,620/すべてLunasol(カネボウ化粧品)

“ベージュは女性の美しさを魅せる色。そう気付かせてくれたのはルナソル”
「毎シーズン、ハッとする意外な色の組み合わせが新鮮。でも、透明感と洗練さが素晴らしいから、自分らしく楽しめるのがルナソルのカラーメイクなんです。いろいろな顔になれて、しかもその顔を自分のものにできる、まさに私にとって“顔”をつくる名トレーナーです。 そんな中でも、ルナソルが提案するベージュ系のアイテムは格別。 “圧”を感じるような色の美しさとは異なり、纏った人自身の美しさを掘り起こしてくれるような色。ベージュって永遠の憧れで焦がれるけど、実はつけこなすのが難しくて、技や工夫がすごく必要。だからこそ自分のものにできている人は、それだけで存在感がとても際立つし、ルナソルだからできること。しかもその存在感は圧倒的で、きれいな透明感も伴っています」

“静かに湧き続ける泉のような力を感じる透明感が素晴らしい”
「ルナソルが生み出す透明感って、注いだ水ではなく湧き上がる水を思わせる透明感。静かだけど、ずっと湧き続けている泉のようにパワーを感じます。そして、みずみずしい印象の質感を湛えているからこそ、ツヤが溢れ出してくるように見えるというのも魅力で、それはルナソルのベースメイクやスキンケアにも通じるところ。ルナソルを纏うと、肌がぐんぐん澄んでいくような仕上がりを感じるんです。澄んでいるものって自分自身が気持ちいいだけでなく、人にとっても心地いい。わたしたちは人と関わって生きていくからこそ、湧水のように澄んだ清々しさは大切だなと思います。実際、今日のようにダークトーンでポイントメイクはまとめても、肌の印象としては“透明”に見えませんか?」

 
 

今こそ使いたいルナソルは? 神崎恵がセレクト

“神崎恵”というブレない美しさを誇りながら、常にアップデートし続ける彼女が愛してやまない名品と、今の空気感を纏うためにマストハブな新作をピックアップ。

1.存在感のある白みベージュ。うるんで柔らかな印象のツヤも美しい
「柔らかな印象もクールさもあって、圧倒的な存在感を生み出すルナソルならではのベージュ。白みニュアンスのベージュは肌になじみながら自分らしさを引き出す絶妙なカラー。ベージュのチークと合わせて塗る頻度が高く、特にモノトーンのベーシックな服に合わせるのが好き」。とろけるような塗り心地で、みずみずしい印象のツヤとフレッシュな色みをオン。プランプメロウリップス 01 ¥4,400

2.ツヤが肌と溶け合うようになじみみずみずしく透き通る印象に
「肌にピタッと吸い付くフィット感が心地よく、表情にも寄り添ってくれるから、気持ちとの一体感も。重さを感じることなく軽やかで、自分の肌そのものになってくれるようでいて、肌が澄んだ印象になるファンデーションです」 。3種のオイルバームを溶け込ませ、しっとりとなめらかなつけ心地を実現。湿度感のある水ツヤ肌を演出。グロウイングシームレスバームEX SPF15・PA++ 30g ¥6,600

3.肌は美しく、立体感は際立ち、透明感を高めて見せる不動のチーク
「チークでありながら、肌全体の透明感が上がって見える! 繊細な煌めきとほんのりとした血色感も添えて肌を美しく引き立たせてくれるから、フェイスパウダーのように幅広くのせています。ベージュのワントーンメイクを楽しむときの主役です」。 肌になじんで一体化。滲み出るようなツヤと、ほんの少しの高揚感を添える珠玉のベージュ。カラーリングシアーチークス(グロウ)03 ¥3,850(※セット価格)

4.ただ眉を描くだけではない軽やかな印象を支えるアイブロウ
「柔らかな質感で、繊細なツヤ感も色のひとつひとつもすべてが好き。ノーズの陰影やアイラインにもマルチに使えます。ずっとリピートして必ずポーチインしている一品で、私が主宰する美容塾の生徒さんにも勧めています」 。アイゾーンの立体感を演出するために選ばれし5色はブレンドも自在。スタイリングアイゾーンコンパクト 01 ¥4,620

5.透明感の上に煌めきをオン!美しさを掘り起こす4色
「“これにときめかない人っているの?”と完全に心を掴まれたパレット。上質なダイヤモンドのような煌めきと、肌と溶け合うようになじむベージュが生み出す透明感を、絶妙なブラウンが引き立てます」。透け感のあるベージュと輝きで透明感と美しい立体感を演出。限定で登場し、瞬く間に話題をさらったパレットが定番化。アイカラーレーション 15 ¥6,820/すべてLunasol(カネボウ化粧品)

 
 

ドレス¥121,000/Tory Burch(トリー バーチ ジャパン) ピアス¥550,000/Messika(メシカ ジャパン)
ドレス¥121,000/Tory Burch(トリー バーチ ジャパン) ピアス¥550,000/Messika(メシカ ジャパン)

“私という“存在感”を伝えたい。そう思ったときほど、ルナソルに頼ります”

洗練された輝きと透明感で澄み渡るようなツヤ肌を演出
上質なジュエリーを纏ったように、その人の美しさが際立つメイク。主役は透明感を演出する新バームファンデーションとベージュシャドウ。〈肌〉グロウイングシームレスバームEX 〈目元〉アイカラーレーション15、インテレクチュアルリクイドアイライナーN 03 ¥3,300(※セット価格)、フラッタリングパワーアイラッシュ 01 ¥3,850、スタイリングアイブロウペンシル(フラット) 02 ¥3,850(※セット価格) 〈頬〉カラーリングシアーチークス(グロウ)01 ¥3,850(※セット価格) 〈リップ〉シームレスマットリップス 06 ¥4,180/すべてLunasol(カネボウ化粧品)

【お問い合わせ】
カネボウ化粧品
TEL/0120-518-520(土・日・祝日を除く9:00〜17:00)
https://www.lunasol-official.com/

Photos: Yusuke Miyazaki (model) Shinmei (still life) Fashion Director : Ako Tanaka Makeup : Yuka Washizu Hair : Shuco Stylist : Yoshiko Kishimoto Text : Hiromi Narasaki Edit : Naho Sasaki

Magazine

JANUARY / FEBRUARY 2023 N°163

2022.11.28 発売

Future is SF

モード SF 宇宙

オンライン書店で購入する