令和のマッチングアプリ事情からセルフプレジャーまで。わたしたちのエロス | Numero TOKYO
Culture / Feature

令和のマッチングアプリ事情からセルフプレジャーまで。わたしたちのエロス

恋愛やセックス、セルフプレジャーまで、ピンクの持つイメージから現代の恋や性をひも解くとそれは“自分らしくあるための手段の一つ”ということが見えてきた。(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』9月号掲載

『アダルトーク』のルナとお琴に聞く アラサー女子の“ピンク”事情

大人気恋愛ポッドキャスト番組『結婚したい乙女たちのアダルトーク』のルナとお琴がマッチングアプリの活用法から男女の価値観の違いまでアラサー世代のリアルな恋愛観や性事情を赤裸々にトーク!

【プロフィール】
ルナ:ノリが良く、経験人数多めの肉食系女子。付き合った人と長続きしないことが悩み。
お琴:5年半付き合った彼と別れて恋活中。セフレはできたりしているが彼氏には至らず。

【目次】
独身アラサー世代の恋愛観
令和のマッチングアプリ事情
“してない”と嘘をつく女性と“本当はしていてほしい”男性
リスナーアンケート「Hするのは性欲or好意?」「セフレから真剣交際に?」
おすすめマッチングアプリ
恋愛や性についての音声配信番組

独身アラサー世代の恋愛観

──二人の番組ではリアルな独身アラサー世代の話が聞けると好評ですが、パーソナリティーのルナさん、お琴さんの恋愛観を教えてください。

ルナ「私は小さい頃から惚れやすく、常に恋愛を優先してきたタイプ。結婚するまでにたくさん恋愛して、悔いなく遊んでおきたいから“伝え残し”と“抱き残し”がないように生きてきましたが、結果いまは一途(笑)」

お琴「私は真逆で、好きな人ができたら一途なタイプだったのですが、ルナの恋愛観を聞いて、そういうのもアリだなとも思い始めて。彼と別れてからはマッチングアプリでいろんな人に出会って楽しくやってます」

──同世代の友達はどういう恋愛観をお持ちですか。

ルナ「二人ともタイプが違うから友達も全然違いますね。私の周りは結構、遊んでる人が多い」

お琴「私の友人は結婚を視野に同棲を始めた子が増えてきました。地元の友達はすでに結婚している人もいます。東京の友達はまだ結婚してない子が大半ですが、結婚に憧れを抱いている子が少なくないです」

令和のマッチングアプリ事情

──出会いはやはりマッチングアプリが多いのでしょうか。

お琴「出会いはアプリがほとんどですね。アラサーに人気なのは『東カレデート』。『Tinder』は学生や20代前半がメインで、遊び目的が多いし、婚活パーティは真剣度は高いものの、女性慣れしていない人が多い印象があります『東カレ』で出会う男性は女性慣れしていて、相手を喜ばせようとする人が多い気がします。あとは「Dine」というアプリも人気です。マッチしたらご飯に行くというのが決まりなので、気軽に会えるのがいい。しかも自分が行きたいお店に行けるので、相手の男性があまりタイプじゃなくても『おいしいご飯が食べられるならいいや』と思える(笑)」

ルナ「私の周りも『東カレ』がほとんど。以前は友達の紹介や合コンも頻繁にありましたが、これまで派手に遊んできた子もだんだん落ち着いてきて、出会いの場が激減。そう考えるとアプリのほうが断然効率がいい」

──アプリで“いい人”に会うためのコツはありますか。

お琴「プロフィールとメッセージである程度見極めることが大事。私はプロフィールで仕事、趣味、好きな女性のタイプまでしっかり確認します。共通の趣味や好きな女性のタイプが自分と重なるところがあれば脈アリかなと。女性の場合は、自然体の笑顔の他撮り写真が人気ですね。女性が“盛れてる!”と思う自撮り写真って意外と男性から評判が良くない」

ルナ「私は逆にプロフィールをあまり書き込んでない人が好き。そういう人は出会いにがっついてないというか、余裕のある人が多い気がする」

──ゴースティング(一方的に連絡を断ち、音信不通になること)をされないために気を付けていることは?

お琴「私は初見で相手のフルネームを漢字で聞くようにしています。これが結構な抑止力になっているかなと」

ルナ「最近は1対1ではなくて、『友達を2、3人呼ぶので、そちらもお友達を誘って一緒に飲みませんか?』って合コン形式にしちゃう。相手の身元もハッキリするし、いい人に出会える確率も上がるのでおすすめ。」

──周りの友人で、アプリで出会って、結婚している人はいますか?

ルナ「少なくとも10組はいます。割とスタンダードになりつつある」

“してない”と嘘をつく女性と“本当はしていてほしい”男性

──最近、番組ではルナさんが彼氏とSMラブホへ、お琴さんが女性用風俗に行ってきた話が話題になっていました。そういうアダルトな情報はどうやって仕入れていますか?

ルナ「私は必死にネット検索して調べました(笑)」

お琴「女性用風俗はYouTubeの企画でもよく見かけます。番組のインスタでアンケートをとったら女性用風俗に行きたいと答えた人が75%もいました。みんな興味があるんだなって」

──実際に行ってみてどうでしたか。

お琴「いやぁ、テクがすごかったです。女性の気持ちいいところをわかっている。施術前に丁寧にカウンセリングをしてくれて、されたらいやなことを確認してくれるのも安心できました。女性用風俗で働いていた男友達に聞いたのですが、事前にしっかりと研修を受けているそうです」

ルナ「楽しそう。私も行きたい!」

──番組では友達や恋人に言いにくい性の悩みについてオープンに話していますが、セルフプレジャーについて話すことはありますか。

ルナ「実はこんなに積極的に恋や性にまつわる話をしている私たちでも、セルフプレジャーについてはまだお互いあまり話してなくて(笑)」

お琴「私たちですら言いづらさはある。少しタブー感があるというか」

ルナ「以前インスタで行ったアンケートでは『セルフプレジャーする?』と聞かれたら『正直に答える』という女性が4割しかいなかったんです!だから、世間的にセルフプレジャーをする女性が少ないって思われているんだなって。ただ、私が今まで会ってきた男性は『女性には自慰行為をしていてほしい』っていう意見のほうが圧倒的に多い。自分の気持ちいいところを知っている人のほうがHするときも楽しそうだし、一人でHな行為をしているというところに興奮すると。こうした男女の食い違いって結構あるんだなって思うんです。正直に話し合えば悩まなくていいこともある気がする」

お琴「日本は海外に比べてまだ女性に奥ゆかしさを求める風潮がありますよね。でも、体のことやHの悩みについて、もっとオープンに話していければ、女性だけじゃなく、男性も誤解や悩みを抱えず自信を持って生きやすくなるんじゃないかなって思う。私たちの番組がその起爆剤になればうれしいですね」

ルナとお琴もびっくり! リスナーアンケート

『アダルトーク』では9800人以上のインスタグラムのフォロワーに、ちょっと友達とは話しづらいさまざまな疑問をアンケート調査している。ルナとお琴も驚いた衝撃の調査結果とは!?

Q.お風呂後にHするときメイクは落とす?


「メイク落とさず体だけ洗ってベッドルームに行くと“やる気満々”みたいな感じで彼も“お、やるの?”ってなっちゃって、これじゃないなと(笑)。コンディション抜群でHするのは意外と大変」ルナ

 

Q.H中、女性のアソコにトイレットペーパーを発見したことはある?


「半数近くも経験あるなんてヤバイ!」お琴

「女性は意外とチェックしていない!?お相手がそっと取ってくれてるのかもしれないですね(笑)」ルナ

Q.“抱き残し”はある?


「私たちは“抱き残し”、つまり過去に後悔してる恋愛がないんです。でもリスナーさんには抱き残したまま結婚とかしている人って意外と多いみたい。……こわい!」お琴

 

Q.Hするのは性欲or好意?


「この男女間のズレが、セフレから真剣交際に発展しにくいという結果を生んでいるのかなと」ルナ

「私も遊びだなと思った人とは性欲だけでHすることもありますが、それであとから私が好きになっちゃって、沼にハマったことも……」お琴

Q.セフレが一度でもいたことがある?(左)
Q.セフレから真剣交際に発展したことある?(右)


「私はセフレと付き合ったことないんですけど、ルナはあるよね」お琴
「そのときはお相手が『好きだからHする』という考えの人だったのでうまくいったんですけど、なかなか難しいですよね」ルナ

おすすめマッチングアプリ

ハイスペックな男女が集う『東カレデート』(左)
「日本最大級のアッパー層限定」のマッチングアプリ。利用者は20代後半~30代前半の独身男女が中心。入会時には既存会員と運営による年収、ルックス、プロフィールなどの審査を受ける必要がある。信頼性を担保するための「年収証明」「独身証明」などの証明機能も充実。

メッセージ不要ですぐデート!『Dine』(右)
マッチングしたら、会う日程の調整や食事の予約をアプリが代行。デートに誘うまでの面倒なやり取りが不要で、初めて会う場所は独自審査を通過した飲食店に限定しているので安心して会うことができる。会う前にビデオ通話で話せるオンラインデートの機能も。

結婚したい乙女たちのアダルトーク


東京で働くアラサー女子のルナとお琴が恋愛や性にまつわる話を繰り広げるトーク番組。リスナーから寄せられた人には聞けないアダルトな悩みにも向き合いながらリアルな本音を語り合う。Spotifyにて独占配信中。7月1日よりオンラインサロン「おとあだ秘密基地」も開始。

ほかにも! 恋愛や性についての音声配信番組


“ダメ男”も恋の失敗も明るく語らう『岩間恵・さきっぺのなんちゃって東京女子』
AmazonPrimeVideoの人気番組『バチェラー・ジャパン シーズン3』に参加していた岩間恵と友人のさきっぺが自身の恋愛や結婚観、リスナーから寄せられた恋や体、夫婦関係の悩みなどをシェアしながら話を繰り広げる。stand.fmで配信中。

https://stand.fm/channels/5f376c13907968e29dee0555

多様な性のあり方をオープンにシェア『愛とかセックスとか生理とか』

ジェンダーやセクシュアリティを問わない5人のメンバーが、LGBTQ +の性やオープンリレーションシップについてなど、異性愛の規範にとどまらない多様な恋愛やセックスについての価値観を共有する。Apple Podcast、Spotifyほかで配信中。

他では聞けないニッチな情報も『変態淑女のお茶会』

パフォーマンスユニット「あやまんJAPAN」メンバーの青子と元メンバー、ジェシカの二人が世の中の性癖を研究したり、他の人には聞きにくいかなりニッチな性生活の悩みにもざっくばらんに答える。Apple Podcast、Spotifyほかで配信中。

特集「ピンクともっと自由に生きよう!」をもっと読む

Interview&Text:Mariko Uramoto Edit:Mariko Kimbara

Magazine

JANUARY / FEBRUARY 2023 N°163

2022.11.28 発売

Future is SF

モード SF 宇宙

オンライン書店で購入する