【エディターが選ぶ、春の新作バッグ】vol.4 ミニバッグ | Numero TOKYO
Fashion / Feature

【エディターが選ぶ、春の新作バッグ】vol.4 ミニバッグ

Numéro TOKYOのエディターたちがリアルに欲しい春の新作バッグを4つのカテゴリーからピックアップ。また中身に入れたいウォレットやカードケース、ガジェットケース、ヘアアクセサリーなども紹介する。vol.3はミニバッグ。(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』3月号掲載)

Editor 4 坂井直美の場合

“小さいけど唯一無二のデザインでコーディネートのアクセントにしたい”

70年代に発表されて以来人気を誇っている「フラメンコ クラッチ」からミニサイズが登場。ジャングルグリーンというトロピカルな空気を感じさせるカラーは夏にもぴったり。「滑らかなナッパレザーが軽くて普段使いにも最適。取り外し可能なストラップで、シーン別にショルダー、斜め掛け、クラッチの3ウェイで使い分けられるので重宝しそうです」(坂井)

バッグ「フラメンコクラッチ ミニ」¥216,700/Loewe(ロエベ ジャパン クライアントサービス 03-6215-6116)<小物・右から>アイウェア¥72,600/Bottega Veneta(ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス 0800-555-1001) ウォレット¥57,200/Marni(マルニ ジャパン クライアントサービス 0120-420-502) カードケース¥42,900/Salvatore Ferragamo(フェラガモ・ジャパン 0120-202-170) チャーム¥52, 800(予定価格)/Burberry(バーバリー・ジャパン 0066-33-812819) ジャンプスーツ¥91,300/Ambush®(アンブッシュ® ワークショップ 03-6451-1410)ピアス¥64,900 ネックレス¥280,500/ともにPatou(イザ 0120-135-015)

MINI BAG

定番バッグからもミニバージョンが登場するなど、いまやミニバッグはお洒落な人を象徴すると言っても過言ではないアイテム。トートや巾着、バムバッグなど、ミニサイズで春らしく軽やかにハンギングしたい。

©Cartier
©Cartier

Cariter

メゾンを象徴する、ブラックラッカーのスポッツがあしらわれた「パンテール」をクラスプにオン。まさに豹のようなしなかやさとインテリジェンスを感じる。(W18.5×H15×D8cm)¥330,000/カルティエ カスタマー サービスセンター(0120-301-757)

Celine

テディベアのようなほっこりとしたシアリング素材で、心まで暖まりそうなウォームフルバッグ。ハートシェイプでより一層愛らしさを感じる存在になりそう。(W14.5×H12×D5cm)¥242,000(予定価格)/セリーヌ ジャパン(03-5414-1401)

Maison Margiela

人気のアイコンバッグ「5AC」から、トーションファブリックをライニングに配して、生分解性ラバーをサーフェイスにあしらったシリーズが登場。(W25.5xH17.5xD8cm)¥216,700/マルジェラ ジャパン クライアントサービス(0800-000-0261)

Furla

春夏にかけて大活躍するカゴバッグもミニサイズとなれば、シーズンレスに楽しめる。ブラック&パープルのボーダーラインが入ったオンリーワンをゲットして。(W11.5×H10.5×D5.5cm)¥33,000(予定価格)/フルラ カスタマーサポート(0120-951-673)

Sportmax

アイコンフラップバッグのミニサイズとして登場。コンパクトながら、バレンシアオレンジ×ゴールドのカラーリングが陽気なトロピカルパワーとラグジュアリーさを放つ。(W19×H16×D9cm)¥84,700/マックスマーラ ジャパン(0120-030-535)

Marni

ベルトや金具、タグまでもが刺繍された、ユニークなバッグ。ピンクとホワイトを生かして、甘すぎないポップさにデザインされた遊び心に胸をときめかせて。(W24×H17.5×D9cm)¥185,900/マルニ ジャパン クライアントサービス(0120-420-502)

Tod’s

大きめのロゴが刻印されたバムバッグは、アイスサンドを彷彿とさせるシェイプ。デニムなどのボトムスに合わせて、キュートシックにコーディネートしてみては。(W22.5×H11.5×D6cm)¥157,300/トッズ・ジャパン(0120-102-578)

Polo Ralph Lauren

レッドロゴが刺繍された、ネイビーレザーの巾着バッグ。ミニだからこそ持ちたくなる絶妙カラーでカジュアルファッションやカレッジスタイルをよりアップデートさせて。(W24×H22×D12cm)¥51,700/ラルフ ローレン(0120-3274-20)

エディターが選ぶ、春の新作バッグ

 

Photos:Toshio Ohno(Model) Kouki Hayashi(Cutout) Hair:Asahi Sano Makeup:Risa Chino Model:Maria Shindo at Tomorrow Tokyo Fashion Editor:Midori Oiwa

Magazine

November 2022 N°161

2022.9.28 発売

Shades of Black

だから、黒

オンライン書店で購入する