Beauty / Feature

田中杏子の私的ビューティ考 Vol.11 ヘアマスク

小誌編集長・田中杏子のプライベートな視点からコスメを紹介。今号は、夏のヘアダメージに効く最新のヘアマスクをお試し!(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2021年10月号掲載)

Ako’s View

「ヘアケアにはどちらかというと無頓着だった私ですが、最近『ダイソン エアラップ』を手に入れてから、毎朝くるくる、スタイリングを楽しんでいます。ご存じ、髪がするんと吸い込まれるように自動で巻きつく不思議なカーラーで、簡単に扱えるので、カールヘアが手軽に楽しめます」

Twiggy|ツイギー

オーガニックの香りも好き。触り心地のいい髪になります

「重すぎないテクスチャーでつけ心地もなめらか。なのに翌朝の髪の手触りにたしかな変化が。柔らかくしっとり、ゴワつきのない素直な髪に仕上がって大満足です」。ボタニカル×テクノロジーを活かして、ダメージを寄せつけない芯から強い髪を育む。扱いづらい細い髪や、もろくなった髪もするんと健やかに。

ツイ インテンシブ ヘアマスク 160g ¥6,380/Twiggy(ツイギー 03-6434-0518)
ツイ インテンシブ ヘアマスク 160g ¥6,380/Twiggy(ツイギー 03-6434-0518)

Stephen Knoll|スティーブン ノル

想像を超えるしっとり感。ダメージ髪が潤います

「タオルドライ後からドライヤー後まで、とにかくず〜っとしっとり。テクスチャーもこっくりとしているので、髪の内側までしっかり潤いが浸透していく感じがします」。髪の広がりを抑える湿気プロテクト処方&ドライヤーなどから守る熱ダメージ処方で、日中ダメージに強い髪に改善&補修。

モイスチュア リペアマスク 280g ¥1,980(編集部調べ)/Stephen Knoll(コーセー 0120-526-311)
モイスチュア リペアマスク 280g ¥1,980(編集部調べ)/Stephen Knoll(コーセー 0120-526-311)

The Public Organic|ザ パブリック オーガニック

香りを楽しみながらふわっと潤う

「いい香りでふわっとした質感に整う」スーパーバウンシーと、幸福感に満ちる香りのスーパーポジティブ。

右から、スーパーポジティブ ダメージ リペア ヘアマスク、スーパーバウンシー ディープモイスト ヘアマスク 各150g ¥1,320(ともに9月21日発売)/The Public Organic(カラーズ 050-2018-2557)
右から、スーパーポジティブ ダメージ リペア ヘアマスク、スーパーバウンシー ディープモイスト ヘアマスク 各150g ¥1,320(ともに9月21日発売)/The Public Organic(カラーズ 050-2018-2557)

Le Labo|ル ラボ

ヒノキの香りに癒される濃厚なクリームマスク

「ル ラボのヘアマスクというだけあって、ヒノキのナチュラルな香りもいい」。ダメージを潤すココナッツオイルや、栄養豊富なスピルリナエキスの植物成分がたっぷり。キューティクルが整った柔らかなツヤ髪に。

ヘアマスク ヒノキ 250ml ¥4,950/Le Labo(ル ラボ 0570-003-770)
ヘアマスク ヒノキ 250ml ¥4,950/Le Labo(ル ラボ 0570-003-770)

Kérastase|ケラスターゼ

毛髪1本1本がしっかり保湿される感覚

「塗った瞬間も、洗い流した瞬間も、違いがわかるほどしなやかに。保湿力が抜群」。話題のスキンケア成分シカが、カラーやブリーチで深く傷んだ髪に潤いを浸透。使うほど枝毛や切れ毛を遠ざけ、カラーのもちもアップ。

マスク シカエクストリーム 200ml ¥6,380/Kérastase(ケラスターゼ 03-6911-8333)
マスク シカエクストリーム 200ml ¥6,380/Kérastase(ケラスターゼ 03-6911-8333)

Moroccanoil|モロッカンオイル

これは楽しい!カラーチェンジが手軽にできます

「好みの色に一時的にチェンジできて楽しい!手軽さも◎」。洗髪後に塗布して、5〜7分後に洗い流せば完了。ライラックはハイトーンカラーの髪向け。

カラー デポジティング マスク 右から、コッパー、ライラック 各200ml ¥3,410/Moroccanoil(モロッカンオイル ジャパン 0120-440-237)
カラー デポジティング マスク 右から、コッパー、ライラック 各200ml ¥3,410/Moroccanoil(モロッカンオイル ジャパン 0120-440-237)

「田中杏子の私的ビューティ考」をもっと読む

Photos : John Chan Edit : Naho Sasaki

Profile

田中杏子Ako Tanaka 編集長。ミラノに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。紙面でのスタイリングのほか広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numéro TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO’S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recommended Post

Magazine

151_h1_520

NOVEMBER 2021 N°151

2021.9.28発売

Sweet Dreams

夢の続きを

オンライン書店で購入する