Trip / Feature

泊まれる森へ 【4】奥多摩の山中に位置する美食のテント「Woodland Bothy」

木漏れ日や枝を揺らす風、土の匂い……。森の中で過ごし、自然回帰ができる、近場の個性派グランピングサイトや一棟貸しを厳選。今度の週末、自然の中で眠ってみない?(『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2021年3月号掲載)

Woodland Bothy | ウッドランドボシー

東京都・あきる野

山の斜面から突き出た大型コットンテント。4名まで宿泊可能。
山の斜面から突き出た大型コットンテント。4名まで宿泊可能。

奥多摩の山中を登山して目指す、美食のテント

東京都であることを忘れてしまいそうな、山中を登ること約30分。しかもハイキングではなく、本気の登山。そんな高いハードルを越えても訪れたいのが、1日1組限定の、このグランピング・オーベルジュ。専属シェフが季節折々の食材を使い、薪や炭で仕上げたグリル料理のフルコースをサーブする。メインには、東京都唯一のブランド和牛、幻の「秋川牛」がいただけることも。宿泊スペースはキングサイズベッド2台を収容した大型コットンテント。木々の息吹を感じ、大自然に抱かれる感覚を味わえるはず。トイレ、シャワー付きだが、別棟に貸し切り風呂もある。

グリル料理のフルコースは絶景テラスにて。非日常がスパイスに。
グリル料理のフルコースは絶景テラスにて。非日常がスパイスに。

眺めのいい貸し切り風呂が別棟に。
眺めのいい貸し切り風呂が別棟に。

住所/東京都あきる野市養沢684
Tel/042-596-6645
料金/2~4名1棟利用で1泊1名¥35,000~(1泊2食付き)
woodlandbothy.jp

特集「母なる森に呼ばれて」をもっと読む

Text:Chieko Koseki Edit:Sayaka Ito, Mariko Kimbara, Chiho Inoue

Recommended Post

Magazine

H1_通常版ec

May 2021 N°146

2021.3.27発売

Love Thy Self

自分とともに生きていく

オンライン書店で購入する