Food / Feature

秋を味わう珠玉のパフェ Vol.2 ウェスティンホテル東京

ついに、食の誘惑が待ち受ける秋の到来! おいしいものは数あれど、スイーツ好きなら外せないのがパフェ。ずっと眺めていたくなる麗しい造形に、グラスに広がるめくるめく味覚のハーモニーはさながら小宇宙。見ても食べても幸せになれる秋の新作を、三度の飯よりパフェを愛するエディターが徹底解剖します。第二回は、ウェスティンホテル東京の「オータムパフェ」。

ウェスティンホテル東京といえば、予約が取れないほど大人気のスイーツブッフェが有名ですが、それを監修しているのが泣く子も黙るエグゼクティブペストリーシェフの鈴木一夫シェフです。

エグゼクティブペストリーシェフ 鈴木一夫シェフ
エグゼクティブペストリーシェフ 鈴木一夫シェフ

最近では、バラエティ番組『ジョブチューン』のスイーツジャッジコーナーにおいて鋭い指摘でもおなじみの鈴木シェフ。なんとウェスティンホテル東京で20年間も美味しいスイーツを作り続けています。そんな鈴木パフェ渾身のオータムパフェ3種類をいただきます!

場所は、ウイスキーの品揃えが豊富なエグゼクティブ バー「ザ・バー」。クラシックで重厚感のある内装に背筋が伸びます。バーだけあって、週末の夜限定でお酒を使ったパフェを11月29日(日)まで提供しているのです。

「栗とりんごのパフェ」¥2,400(税・サービス料別)
「栗とりんごのパフェ」¥2,400(税・サービス料別)

秋の味覚のハーモニー「栗とりんごのパフェ」

まずは、シェフのイチオシ「栗とりんごのパフェ」から。上には濃厚な和栗のクリームがたっぷり。ねっとりと濃密で甘く、一口で天に昇る気持ち。栗好きにはたまらない!

クリームの下から顔を出すのは、マスカルポーネのアイスクリーム。実は去年の秋も同じパフェを提供していたのですが、今年はさらに美味しくグレードアップしたそう。鈴木シェフ曰く、「昨年はバニラアイスでしたが、マスカルポーネを使うことでよりさっぱりとした味わいにしました」。確かに、次々食べ進めたくなる軽やかさ。濃厚マロンとのコントラストが絶品です。

りんごのソテーは、しゃくしゃくとした食感。片面だけの火入れをし、食感が残るようにしたという鈴木シェフのこだわりです! 半分フレッシュな感じが楽しめます。

画・著者
画・著者

食べ進めると、あるポイントでお酒の良い香りが漂ってきます。その正体は、りんごのブランデー「カルヴァドス」。パフェ全体にかけずに、マスカルポーネアイスの上からかけたカルヴァドスがここで華やかに香ります。一気に大人の味になりました!

蒸し栗やクランブルの食感を味わっていたら、マロンアイスが隠れていました。その一番下にはりんごを煮詰めたコンポートが。酸味を感じながらも栗の余韻を残しつつ、ペロリと完食。鈴木シェフによると、りんごがあることでさっぱり食べやすくなっているそう。栗とりんごの共演をこの一杯で楽しめます!

お酒好きなかたは、アルコールとペアリングしてみるのをおすすめします。そう、ここはバーです。好みを伝えると、パフェに合うお酒を提案してくれます。この日はブランデーをベースにジンジャーエールをプラスした「ホーセズネック」をいただきました。レモンが爽やかで後味さっぱり。

「チョコレートと洋梨のパフェ ベルエレーヌ」¥2,400(税・サービス料別)
「チョコレートと洋梨のパフェ ベルエレーヌ」¥2,400(税・サービス料別)

チョコ好きは迷わず!「チョコレートと洋梨のパフェ ベルエレーヌ」

お次は、チョコレートと洋梨のパフェです。ベルエレーヌとは、フランス伝統のデザートで洋梨のコンポートにチョコレートソースをかけたもの。それをパフェで表現してみたら……?というわけです。可愛い洋梨型のオパリーヌは、チョコレートを飴状にして固め粉砕したものだそうです。デコレーションまで手間暇かけています。

濃厚チョコレートアイスの周りには、こんなにたくさんの洋梨のコンポートが。ハーブの一種ベルベーヌの香りが付けてあります。洋梨のサックリした歯ざわりが軽快です。

大好きな鈴木シェフのクランブルのザクザク感を挟みつつ、洋梨のブランデー「ポワール・ウィリアム」香るチョコレートケーキがお目見え。スポンジよりもしっとりとした不思議な食感のケーキにたっぷりブランデーが染み込ませてあります。芳醇な香りにクラクラしそうです。その下は、鈴木シェフが初めて今回作ったという洋梨とミルクを使ったポアールミルクアイス。ミルキーな洋梨フレーバーは新感覚でした!

画・著者
画・著者

最後はチョコレートと洋梨のレイヤード。チョコレートクランチ、チョコレートアイスに洋梨のコンポートと続きます。ここでも濃厚なチョコレートとみずみずしい洋梨とのコンビネーションが見事です!

ペアリングは、紅茶リキュールにベリーや黒すぐり、クランベリーのリキュール、ジンジャーエールを加えた鮮やかな「ダージリングクーラー」。とてもフルーティーでスッキリしています。

「マロンとヘーゼルナッツのモンブランパフェ」¥2,400(税・サービス料別)
「マロンとヘーゼルナッツのモンブランパフェ」¥2,400(税・サービス料別)

オリジナルウイスキーで仕上げる「マロンとヘーゼルナッツのモンブランパフェ」

最後は、平たいお皿に盛られた大人のモンブランパフェ。世界5大ウイスキーをブレンドして作られた、ウェスティンホテル東京オリジナルの「イチローズ モルト&グレーン ウェスティンホテル東京 プライベートボトル」を使用しています。香りが良いことで知られるイチローズ モルト&グレーン。テーブルでパフェの仕上げにウイスキーの香りづけをしてくれます。シュシュッとスプレーをひと吹きすると、魔法の良いに良い香りが……。うっとりです。

フランス産マロンクリームの中には、ひんやり冷たく香ばしいヘーゼルナッツ プラリネアイスが入っています。このアイスクリームの中にもウイスキーが混ぜ込んであるそうです! さらに、添えられたトリュフチョコレートの中にも先ほどのイチローズ モルト&グレーンが。これが一番ガツンとお酒が効いていました!

画・著者
画・著者

ヘーゼルナッツや、クランブル、セミドライフィグのトッピングがアクセントになって、ウイスキーとのマリアージュを堪能できます。

即興で作りました、とお出しいただいたのは栗のリキュール、エスプレッソ、ナッツのリキュール「ブランジェリコ」、カルーアを使ったクテル。エスプレッソのほろ苦さがクセになる、大人の味!スイーツに合わせるコーヒー味のカクテルが好きです。

さて、全3種類のトリニティとも呼べるパフェをいただきましたが、どれも最後まで美味しく食べられるようにと構成され、パーツ一つ一つも手が込んでいて、満足度がとても高いです。そんな鈴木シェフの技と洋酒に酔いしれる、秋の夜長を過ごしてみてください。

ウェスティンホテル東京
「Autumn Parfait オータムパフェ」

提供場所/ウェスティンホテル東京 1F エグゼクティブ バー「ザ・バー」
提供期間/2020年9月4日(金)〜11月29日(日)※金・土・日・祝休日限定
提供時間/16:30〜20:30(L.O)
TEL/03-5423-7285

秋を味わう珠玉のパフェ特集

Profile

新藤友紀子Yukiko Shinto ウェブ・エディター。女性ファッション誌のウェブ編集などを経て2018年『Numero TOKYO』に参加。ファッションをはじめ、カルチャーやライフスタイルなどあらゆるジャンルに幅を広げるべく猛進中。Numero.jpの連載「パン野ゆりのぶらりパン歩き」「パントビスコの不都合研究所」などを担当。スイーツ全般を愛し、なかでもパフェに熱狂的。

Recommended Post

Magazine

#144_h1ec

March 2021 N°144

2021.1.28発売

Mother Nature

愛すべき自然とともに

オンライン書店で購入する