Beauty / Feature

美のサヴォアフェールに、オマージュを

手作業でビジューを刺繍していくオートクチュールのドレスや、時計におけるオートオルロジュリーのように。サヴォアフェールが宿るコスメは、手間と時間を惜しまず作られた“匠の技”とともに、理屈を超えた“何か”が感じられる。香りを纏うとき、肌にのせるとき。いつもよりちょっと時間をかけて、メゾンの秘蔵の物語と本物の美の重みを感じたい。(『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2020年7・8月合併号掲載)

No5 香水 [7.5ml] ¥15,000/Chanel(シャネル カスタマーケア 0120-525-519)
No5 香水 [7.5ml] ¥15,000/Chanel(シャネル カスタマーケア 0120-525-519)

Chanel

“No5以前、No5以後”という名言を生んだ、歴史を変えた名香

1921年に発売され、フレグランスの歴史を一夜にして塗り替えたNo5。シンプルを極めたボトル、合成香料がもたらす複雑な香調……装飾美と単一の花の香りがもてはやされた時代に現れた“革命児”だった。ローズ ドゥ メやジャスミンを核にアルデヒドを調合した香りは、時の経過とともに奥深く神秘的な魅力が増す。手作業によるボードリュシャージュは、特別な「香水」だけに施される贅沢な工程。自分のセンスを時代のセンスに変えた、マドモアゼルの誇りと情熱を感じて。

〈右〉ルージュ エルメス ルージュ ア レーヴル サティネ 85〈左〉同 マット64 各¥7,200/ともにHermès(エルメスジャポン 03-3569-3300)
〈右〉ルージュ エルメス ルージュ ア レーヴル サティネ 85〈左〉同 マット64 各¥7,200/ともにHermès(エルメスジャポン 03-3569-3300)

Hermès

永続性と普遍性が宿る、エルメスの美のメチエ

構想5年、ついに誕生したルージュ エルメス。それは類まれなるアルティザンたちの芸術の結晶だ。塗るときの所作や音にまでこだわった“オブジェ”たる容器のデザインはピエール・アルディが担当。口紅の色は7万5000ものシルクサンプルの色から選ばれるなど、各分野のスペシャリストによる議論と手仕事から誕生している。機能的で美しく、手にするだけで心が明るくなる口紅は、サテン14色とマット10色で展開。1本の口紅を手に、いざサヴォアフェールへの旅へ。

カプチュール トータル セル ENGY スーパー セラム [30ml] ¥16,000/Dior(パルファン・クリスチャン・ディオール 03-3239-0618)
カプチュール トータル セル ENGY スーパー セラム [30ml] ¥16,000/Dior(パルファン・クリスチャン・ディオール 03-3239-0618)

Dior

メゾンのヘリテージが支える最先端スキンケア

幹細胞のエネルギーを回復させ、肌に若々しさを取り戻す――そんな最先端スキンケアを支えるのは、ディオールがフランスやスイスに持つ、自社ガーデンの希少な植物たち。丁寧に育てられた有機植物のパワーをもっとも輝かせるべく、有効成分を卓越した技術で抽出し、肌に吸い込まれるような芸術的なテクスチャーと浸透力を宿して製品化。脈々と受け継がれる美の系譜が息づくセラムは、肌に生命力を注ぎ込み、輝きとハリを目覚めさせてくれる。

オールージュ マスク オン クレーム N [50ml] ¥28,000/ Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン・ボーテ 03-6911-8563)
オールージュ マスク オン クレーム N [50ml] ¥28,000/ Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン・ボーテ 03-6911-8563)

Yves Saint Laurent

モロッコのガーデンで解き明かされた美の秘密

豊かな自然と太陽が交わり、鮮やかな色彩に満ちるモロッコ。“色の魔術師”と称されたムッシュが愛したこの地に、「ウリカガーデン」が設立されたのは10年前。手間がかかる自然農法を用い、女性の自立支援を支えるサステナブルな拠点だ。オールージュは、ここでひとつひとつ手摘みされた希少なサフランの抗老化パワーが宿る最高峰のスキンケア。優雅な香りでオーバーナイトケアにもいいマスクは、肌を慈しみながら本気のアンチエイジングを求める女性に。

Photos : John Chan Edit : Naho Sasaki

Recommended Post

Magazine

ec

SEPTEMBER 2020 N°139

2020.7.28発売

It’s a Change

はじまり はじまり

オンライン書店で購入する