Beauty / Item

濃いシミも。薄いシミも。確かな手応えを感じられるシミケア

高機能な美白アイテムで、自分史上最高のピュア肌を叶えて。毎日のシミ対策に使いたい、最新シミケアアイテムを紹介!(『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2020年5月号掲載)

ミクロのシミさえ、もう作らせない!

(右)シミ生成のルーツに迫り、3年ぶりに進化を果たした美白美容液は、濃くなるシミの生成を抑制するメカニズムに着目。「なぜ、年齢を重ねるほどにシミが濃く、大きく広がるのか」を解明し、頑固なシミになる肌の奥の“メラニン溜まり”へとアプローチ。美白に有効なコウジ酸が、シミの根源まで一撃! ホワイトロジスト ブライト コンセントレイト[40ml]¥15,000(医薬部外品)/Cosme Decorte(コスメデコルテ 0120-763-325)

美白ケアの効果をより高めるサプリメント

(左)ホワイトロジストにインナービューティも仲間入り。体の内側からのアプローチもプラスして、シミができにくい透明肌をサポート。10日間でその効果が実感できるはず。同 オーバーナイト インナー プラス[120粒]¥7,500/Cosme Decorte(コスメデコルテ 0120-763-325)

美白シートマスクでメラノピラミッドを解体!

(手前)強い日差しを浴びたときに「すぐに肌が黒く変化したり、色ムラになる…」という声に着目。紫外線や酸化ストレス、加齢の影響で肌の一部でメラノサイトが変性し、巨大なメラノサイトの塊「メラノピラミッド」が形成されるというメカニズムを発見した。美白成分をたっぷり含んだミニサイズのシートマスクで、気になる部分を効率的にケアして。ホワイトショット QXS[2枚入り×20包]¥6,800(医薬部外品)/White Shot(ポーラ 0120-117111)

“飲む”ホワイトショットが満を持して誕生

(右)シートマスクと同じ着眼点から生まれた、内側から透明感をサポートするドリンクもホワイトショットから登場。同 インナーロック リキッド IXS[30ml×10本]¥5,800/White Shot(ポーラ 0120-117111)

肌の濁りを払拭。目指すは、均一な肌色

(左)1980年代から色素沈着の研究に取り組んできたクリニーク。相乗効果のあるブライトニング成分によって構成される独自の「CL302複合体」をパワーアップさせ、どこまでも均一な肌色に挑戦した美容液。イーブン ベター ラディカル ブライト セラム[50ml]¥14,000/Clinique(クリニーク 03-5251-3541)

狙うはメラニンの発生源。効率よく肌美白を

(左)角質層に浸透後、ビタミンCに変化して美白効果を発揮する成分「安定化ビタミンC誘導体」のほか、古来から健康に役立つと言われたゲンチアナエキス、カガミグサ根&海藻のクロメから得られたエキスを融合した独自エキスを配合したクリームタイプのパック。うるおいと有効成分がぐんぐん肌に届けられ、ひと皮むけたような透明肌へ! フェアルーセント 薬用パック ホワイト[110g]¥7,000(医薬部外品)/Menard(メナード 0120-164601)

狙ったシミへダイレクトに働きかける乳液状美容液

(中)美白有効成分のコウジ酸をはじめ、ベビーアップルエキス、コーヒー種子エキスを配合した乳液ベースの美容液。塗った瞬間からシミの根源にダイレクトに働きかけ、その効果はまるでシミを狙い撃ちするレーザーのよう。ホワイトニング レーザーショット[30ml]¥12,000(医薬部外品)/Imprea(コーセー ミルボン コスメティクス 0120-991-714)

シミになりにくいうるおった透明肌へ

(右)肌にメラニンが溜まる前に多面的にアプローチして、メラニン生成のトリガーとなる酵素チロシナーゼの働きをブロックする、資生堂独自の美白有効成分「4MSK」を配合。乾燥による小ジワもケアする嬉しい効果も! ホワイトルーセント イルミネーティング マイクロS セラム[30ml]¥11,500(医薬部外品)/Shiseido(資生堂 0120-587-289)

イノセントな素肌へ。2020春の美白

Photos : Maya Kajita Edit & Text : Hisako Yamazaki, Risa Yamaguchi

Recommended Post

Magazine

#141_h1ec

November 2020 N°141

2020.9.28発売

Raise Your Spirit

クリエイターがいま思うこと

オンライン書店で購入する