Fashion / Feature

未来の名品を探そう。“三世代BAG”図鑑【part.1 アイコニックな新作】

クラシカルなムードが戻ってきた数シーズンは、上品でエッセンシャルなバッグが目白押し。バッグ選びのポイントは、3世代にわたって使えるような ファミリーヴィンテージにしたいかどうか。上質でエターナルな新作バッグを3回にわけて紹介する。part.1はメゾンから届いたアイコニックな新作。(『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2020年3月号掲載)

〈モデル右・上〉 ストラップにロープディテールが施されたバケツ型バッグは、クリーンな印象のなかに愛らしさが宿る。¥234,000(予定価格)/Prada(プラダクライアントサービス 0120-45-1913) 

〈モデル右・下〉 新アーティスティック ディレクター、ヴィルジニー・ヴィアールによるメタリックのキルティングバッグはサークルハンドルが特徴的。¥419,000( 予定価格)/Chanel(シャネル 0120-525-519)

〈モデル左・右〉 ごつっとしたゴールドチェーンが落ち着いたカラーリングにコンテンポラリーな表情をプラス。見た目よりも軽量なので機能性も◎。¥385,000
/Bottega Veneta(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン 0120-60-1966) 

〈モデル左・左〉 1995年にデザインされたバッグからインスパイアされた「ジョルジオ アルマーニ ラ プリマ」。小さくても十分な収納があり、ミニマルでエレガント、世
代を超えて持ち続けたい逸品。¥180,000/GiorgioArmani(ジョルジオ アルマーニ ジャパン 03-6274-7070) ボディスーツ/すべてスタイリスト私物

〈モデル右・右〉 ラムレザーで編み込まれたフェンディのアイコンバッグ「バゲット」。短いストラップとそのクラシカルなフォルムにネオングリーンでパンチをひとさじ。¥453,000/Fendi(フェンディ ジャパン 03-3514-6187)

〈モデル右・左〉 クリスチャン・ラクロワとの共作で話題をさらった今季のドリス ヴァン ノッテン。華やかなデザインはバッグのディテールにまで。 ¥118,000/ Dries Van Noten (ドリス ヴァン ノッテン 03-6820-8104)

〈モデル左・上〉 名前の通りカイア・ガーバーからインスピレーションを受けて誕生した「カイア」。コンパクトなフォルムはいつの時代にもフィットする一品 ¥168,000/Saint Laurent by Anthony Vaccarello(サンローラン クライアントサービス 0120-95-2746)

〈モデル左・中〉 バイカラーのモノグラムでノーブルに魅せる「ヴァニティ PM」。上品なヴァニティバッグとともに街へ出かけたい。¥256,000(予定価格)/ Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン クライアントサービス 0120-00-1854)

〈モデル左・下〉 ロエベのクラフツマンシップが光るエレガントでモダンな「バルーン バッグ」。¥268,000/ Loewe(ロエベ ジャパン カスタマーサービス) ハット¥53,000/CA4LA Bridal(カシラ ショールーム 03-5775-3433)

〈モデル右・右〉 クリーンなシルエットの「ゴースト バッグ L」は大きめフォルムでお仕事バッグにも◎。ゴーストのように自然とスタンダードバッグとして日常に
馴染みそう。商品はMサイズにて展開。¥164,000/Balenciaga (バレンシアガ クライアントサービス 0120-992-136)

〈モデル右・左〉 スクエアフォルムにホースビットモチーフがあしらわれた「グッチ 1955 ホースビット」は1955年のアーカイブをモダンに再解釈。¥285,000
/Gucci(グッチ ジャパン 0120-99-2177)

〈モデル左・右〉 カムフラージュ キャンバス地に花々が刺繍された今シーズンの「サドル」。定番のアイコンは世代を超えてコレクションしたくなる。¥420,000 ストラップ¥185,000/ともにDior(クリスチャン ディオール 0120-02-1947)

〈モデル左・左〉 サークルバッグ「タンバリン」はレザーとキャンバスの組み合わせ。キュートなフォルムながらもラグジュアリーにスタイリングをクラスアップしてくれる。¥250,000/Salvatore Ferragamo(フェラガモ・ジャパン 0120-202-170)

〈モデル右・右〉 結び目のついた太ストラップとクラシカルなボディのコントラストが絶妙。ミュウミュウらしいピンクの甘さを添えて。¥232,000(予定価格)/
Miu Miu(ミュウミュウ クライアントサービス 0120-451-993)

〈モデル右・左〉 エルメスを象徴するアイコンモチーフでかたどったバケツ型バッグ「シェーヌ・ダンクル」。艶やかなレザーによる滑らかなラインが美しい。¥1,340,000/Hermès(エルメスジャポン 03-3569-3300)

〈モデル左・上〉 モンキーたちのたわむれの声が聞こえてきそうなチャーミングなプリント。愛らしいデザインと洗練されたフォルムがマッチング。¥180,000 (予定価格)/Burberry(バーバリー・ジャパン 0066-33-812819)

〈モデル左・下〉 フリンジが大胆にあしらわれたスエードバッグは、セリーヌらしい70’sを印象付ける。ボーホーマインドでコーディネートにインパクトを与えて。¥265,000(予定価格)/Celine by Hedi Slimane(セリーヌ ジャパン 03-5414-1401) ヘッドピース¥70,000/Borsalino(カシラ ショールーム)

“三世代バッグ図鑑”をもっと見る

Photos:Genki Nishikawa Hair:Takayuki Nukui Makeup:Shino Ariizumi Fashion Editor:Nozomi Urushibara

Recommended Post

Magazine

ec

SEPTEMBER 2020 N°139

2020.7.28発売

It’s a Change

はじまり はじまり

オンライン書店で購入する