Fashion / Post

クスリと笑える2017年秋冬トレンドを尼神インターが斬る! 

ボケ担当の狩野誠子とツッコミ担当の鹿島渚によるお笑いコンビ、尼神インターが斬る2017年秋冬コレクション! 5つのカテゴリーからご紹介。(「ヌメロ・トウキョウ」2017年9月号掲載)

109_尼神インター_0714修正_1.indd
109_尼神インター_0714修正_1.indd

Series 4
誠子のこんな人見たことあるシリーズ

109_amakou_012
109_amakou_012

N「80年代のヒップホップカルチャーをベースとしたセットアップスタイルです」

誠子「朝方パチンコ屋の前に並んでいる姉さん!」

109_amakou_013
109_amakou_013

N「ルーズソックス風サイハイブーツもこの秋注目のアイテムのひとつです」

誠子「地方のクラブにいるポールダンサーちゃうん!」
 

109_尼神インター_0714修正_1.indd
109_尼神インター_0714修正_1.indd

Series 5
渚が着てみたいインパクトファッションシリーズ

#109_amakou_13
#109_amakou_13

「私は意外と派手なんいける。人と違うものが着たいから。ヒョウ柄も全身で揃えな物足りない。『グッチ(Gucci)』もなかなか好みのルックやわ〜」

N「素敵です!! ファッション業界では人と被るのは一番恥ずかしいこと! 自分だけのスタイルを持つことは素晴らしいです」
 

#109_amakou_18
#109_amakou_18

N「モード界の最新トレンドをご覧になってみていかがでしたか?」

誠子「思っていたより、モードってユーモアたっぷり。クールで近寄りがたい印象やったけど、こんなに楽しいものなんやと初めて知りました」

「相当インパクトあるものも多かったけど、普通に着たいと思ったものもあったわ。特に『グッチ』はかなり好み。『誰が着んの?』っていう派手なプリントや色の組み合せで、自分にしかできないスタイルを確立したいですね」

誠子「私は普段いい女風のシンプルなファッションが好きやねん。石田ゆり子さんとか井川遥さんがお手本。ファッションは男ウケしか考えてないんで(笑)、白シャツとか着てるんですけど、今のところまだいい結果出てないんです。今回の取材でモードの楽しさを知ってしまったし、思い切ってファッションの方向性変えたろかな?」

Photos:Kouki Hayashi(Portrait)
Edit: Etsuko Soeda

Profile

尼神インター(Amakouinter) ボケ担当の狩野誠子(左)とツッコミ担当の鹿島渚(右)によるお笑いコンビ。2007年9月結成。ぶりっ子キャラの誠子による「いい女がいいそうなことをいう」勘違いボケや痛い感じの女性を演じるネタを基調とした漫才で人気の二人。

Recommended Post

Magazine

151_h1_520

NOVEMBER 2021 N°151

2021.9.28発売

Sweet Dreams

夢の続きを

オンライン書店で購入する