04
Lifestyle Post

NYの最新ブレックファースト・メニューとは?
ニューヨーカーに話題の朝食カフェ3

流行の最先端をいくニューヨークでやっぱり楽しみなのが「食」。朝食にはコールドプレスジューズやケールサラダ、アボカドトーストなど、健康的で女子力を上げるメニューが引き続き人気だが、料理そのものの魅力だけでなく空間を含めた総合的な演出もいい場所を選びたいと思うのが女心というもの。そんな声に応えてか、ますます進化を遂げてより美味しく、よりヘルシーに、そしてよりお洒落に!と、欲張りな女性たちを満足させるお店が増えてきている。一日のスタートとなる朝食の場に相応しい「味よし、内装よし、カラダによし」の今話題の朝食スポットで、健康的でアクティブ、しかも感度の高いニューヨーカーのように、朝から気分を上げたい。

Text:Momoko Ikeda Edit:Yukiko Shinmura


Little Park

目にも鮮やかなヘルシーフード
リトルパーク

0014

オーガニックやサステナブルな食材を使ったメニューを提供する「リトル・パーク(Little Park)」。ここの朝食はちょうどいいポーションで素材の味を活かしたヘルシーな料理がでてくるのが特徴。特に「ガーデンハーブオムレツ」は放し飼いされたオーガニックチキンの卵にゴートチーズがたっぷり入った満足度の高い一品。サイドについたサラダの目が覚めるようなフレッシュな柑橘系ドレッシングも美味。ローカルの職人たちによって手がけられた食器やインテリアで落ち着きと品のある空間になっていて、大人の女性たちの朝食ミーティングにもぴったりだ。

Little Park
住所/85 West Broadway, New York, NY 10007
営業時間/朝食 7:00〜11:00(月〜金)8:00〜10:00(土日)
ランチ11:30〜15:00(月〜金)
ブランチ 10:00〜15:00(土日)
ディナー 17:30〜23:00
価格帯/20〜35ドル
定休日/なし
HP/www.littlepark.com


Jack’s wife frida


続々と店舗を増やす人気店
ジャックス・ワイフ・フリーダ

0015

SOHO店の人気を受けて2店目として2014年にオープンしたウエストヴィレッジの「ジャックス・ワイフ・フリーダ(Jack’s wife frida)」。オーナーの祖父母の名前を冠したお店とあって、料理は彼らのホームディッシュをアレンジした野菜たっぷりのメニューが豊富。トーストの上にたっぷり野菜がのった「アボカドトースト」や野菜と卵、ピタがワンプレートで楽しめる「メディタリニアン・ブレイクファースト」、そしてクロックマダムをもじった「マダム・フリーダ(Madame Freda)」などが人気メニュー。可愛いイラストが施された店内のディテールも人気の秘訣だ。

Jack’s Wife Freda
住所/50 Carmine St, New York, NY 10014
営業時間/8:30~24:00(月~土)8:30~22:00(日)
Sunday 8:30AM-10PM
価格帯/15〜25ドル
定休日/なし
HP/http://jackswifefreda.com


Baz Bagel

レトロとモダンが融合
バズ・ベーグル

0016

ニューヨークの朝食といえば、ベーグル。モチっとした食感がローカルの人たちの心を掴んで離さないコンフォート・フードとなっている。昔ながらの老舗店も引き続き人気だけれど、最近はモダンでフレッシュな内装のお店や小ぶりのベーグルにしたものなど、お洒落で可愛いお店も出てきてバリエーションも豊かに。そんな新興ベーグルショップの中でも「バズ・ベーグル(Baz Bagel)」はレトロとモダンのバランスがちょうどよくオススメ。1つのベーグルで2種類の魚のトッピングが試せるメニュー「ムーチュ(Mooch)」など、かゆいところに手が届いたアレンジが嬉しい。

Baz Bagel
住所/181 Grand Street, New York, NY 10013
営業時間/7:00〜16:00(月〜金)
8:00〜16:00(土日)
価格帯/5〜-20ドル
定休日/なし
HP/http://bazbagel.com

Recomended Post