27
People Talks
蒼井優インタビュー
「自分の人生に集中してる人が好き」

旬な俳優、女優、アーティストやクリエイターが登場し、「ONとOFF」をテーマに自身のクリエイションについて語る連載「Talks」。 vol.27は女優、蒼井優にインタビュー。

Photos:Yuri Manabe
Hair & Make-up:Eri Akamatsu(esper.)
Styling:Setsuko Morigami(shirayamaoffice)
Interview & Text:Tomoko Ogawa
Edit:Yukiko Shinmura

01

女優・蒼井優が2008年ぶりに単独主演する映画『アズミ・ハルコは行方不明』。山内マリコ原作の同名小説を、『私たちのハァハァ』の松居大悟監督が映画化した本作で彼女が演じるのは、「ここではないどこか」を求めながらも、地元で鬱屈とした生活を送る、28歳独身OLの安曇春子。「春子が20代後半の自分と重なった」と話す蒼井優は、今どう変化し、成長したのか。いまの彼女ができるまでの話を聞いた。

同じ傷を負った女性同士だからわかるシンパシー

──蒼井さんは山内マリコさんの小説を読んで、どんなところに共感されますか?

「たぶん、読んだ人はみんな『なんで私のことこんなに知ってるんだろう』と思うんじゃないですかね。家の中でひとりのときや帰り道に味わう、恥ずかしい部分とか情けない部分を見透かされるというか。登場人物の傷口と自分の傷口が共鳴し合っちゃう感じかな。痛いし情けないしで、泣きたいわけじゃないのに泣けてくるような感覚。私は今、その傷の生々しさはもうなくて、けっこう乾いてあっさりしちゃってるんですけど、当時を振り返ると懐かしいみたいな」

──同じ傷を負った者として語り合えそうな感じ?

「そう。もう笑い話にできるようになった者同士のシンパシーを感じます」

──安曇春子というキャラクターとご自身が重なる部分はありましたか?
「同性に対しては笑顔でやり過ごしたり、テンションで乗り切ろうとしちゃうところですかね。会社の上司に対しての春子って、一応笑顔でやり過ごすけど、『え?』ってという間があったりするのに、同性にはそこは見せないんですよね。20代後半の自分も、そうだった気がします」

ガシガシ歩ける30代が、楽しくてしょうがない

Profile

1985年生まれ。福岡県出身。99年にミュージカル「アニー」のオーディションで1万人の中からポリー役に選ばれ舞台デビューした後、岩井俊二監督の『リリイ・シュシュのすべて』(01)のヒロイン役で映画デビュー。翌年10代目三井のリハウスガールに選ばれる。その後『花とアリス』(04)で初主演、李相日監督『フラガール』(06)で日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞と新人俳優賞ほか多数の賞を受賞。出演作『オーバー・フェンス』(16)が全国公開中。17年の待機作に『東京喰種トーキョーグール』、『家族はつらいよ2』などがある。

Recomended Post