18
People Talks
中村倫也インタビュー
「すぐ泣いちゃう、ずるい弟なんです」

旬な俳優、女優、アーティストやクリエイターが登場し、「ONとOFF」をテーマに自身のクリエイションについて語る連載「Talks」。 vol.18は俳優、中村倫也にインタビュー。

Photos:Satomi Yamauchi 
Stylist:Akihito Tokura(holy.)
Hair & Makeup:Shun Matsuda 
Interview & Edit:Yukiko Shinmura

ドラマ「下町ロケット」「お義父さんと呼ばせて」などに出演し、爽やかなルックスと底知れぬ演技力に注目が集まる中村倫也。若手俳優の中でも独自のスタイルを持ち存在感を放つ彼は、デビューから10年以上、舞台をベースに経験を重ねてきた実力派の29歳。主演作『星ガ丘ワンダーランド』がこの春公開となる。変幻自在の役者、中村倫也とはどんな人物なのか? 気になる彼の素顔に迫った。

デリケートに作り上げた主人公

──CMディレクター柳沢翔さんの映画デビュー作となった『星ガ丘ワンダーランド』。原作のないオリジナルストーリーで、中心人物となる温人(ハルト)を演じた中村さん。表現者として、苦労したところは?

「物語が極力シンプルに作られている分、キャラクターが浮き上がってくる作品なんです。例えば人物の描き方ひとつにしても無駄な装飾がないし、必要以上に(情報を)提示しすぎない分、肌触りや匂いがダイレクトに伝わるような撮り方をしていて。その中でも温人は、登場する“7人”ひとりひとりと関わることで気持ちが変化していく役なのですが、この日は新井(浩文)さん、この日はイッチー(市原隼人)、菅田(将暉)とのシーン…って、物語とは違う順序で日ごとに撮影していったので、それが役者として面白くもあり、難しかった。どうしても、ストーリーの流れ通りに撮影が進められるわけではないから、まだ起こっていない出来事に対してごめんなさいって頭を下げたり(笑)。デリケートな運び方をしないといけないと頭の中で整理しながら、現場では生で起きていることを信じてその場で反応したり。難しいという言葉とはちょっと違いますね。とてもデリケートで、その分やりがいと楽しさがありました」

──佐々木希さん、木村佳乃さん、菅田将暉さん、杏さん、市原隼人さん、新井浩文さん、松重豊さんという、個性溢れる役者陣との共演でしたね。

「とても幸せでしたよ。こういう座組で“真ん中”をやれることが。キャストもスタッフも誰ひとり、目を逸らしている人がいない。全員が映画というものに誠心誠意向き合っている現場は楽しいですし、そういう現場に毎回いられる訳じゃないんですよ。だから、ありがたかったです」

──現場の雰囲気は?

「すごくよかったです。でも空気感を一瞬で壊したらもったいないときもあるから、次に撮るのが佐々木(希)が思い詰めているシーンだったとしたら、普段しているような無駄話をふっちゃいけないなとか、そういう正しい大人としての気の使い方は、ちゃんとします!」

Profile

中村倫也(Tomoya Nakamura)1986年東京生まれ。2005年、映画『七人の弔』でデビュー。以降テレビ、舞台、映画と精力的に活躍。出演ドラマはNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」や「アオイホノオ(TX)」、「ファーストクラス(CX)」「下町ロケット(TBS)」。出演映画に『沈まぬ太陽』「やるっきゃ騎士」「王妃の館」などがある。また数多くの舞台にも出演し、2014年には初主演となった「ヒストリーボーイズ」にて読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。現在KTV/CX系「お義父さんと呼ばせて」の他、WOWOW「双葉荘の友人」、映画「日本で一番悪い奴ら」、劇団☆新感線『Vamp Bamboo burn~ヴァン・バン・バーン~』に出演。

Recomended Post