Food / Bakery Hopping

パン野ゆりのぶらりパン歩き グルテンフリーのおいしい米粉パン「biossa」へ

おいしいパンを求めて世界中どこまでも! パン愛にあふれたモデル山野ゆり改め“パン野ゆり”が、話題の新店から知る人ぞ知る逸品まで、津々浦々めくるめくパンの世界を独自の視点でお届け。今回は、春日にオープンした“ナイスヘルシー!”なグルテンフリーのベーカリー「ビオッサ(biossa)」を訪問。

こんにちは!パン野ゆりです。今年の年始にフランスでパン旅行をしていたのですが、今回はグルテンフリーのパン屋さんを筆頭に数件回ってきました。

パリで食べるグルテンフリーのパンたちはヘルシーでとっても美味しくて、日本のグルテンフリーのパン屋さんと食べ比べてみたい……!

ということで「行ってみよ♡」と思いたち、2019年12月にオープンしたばかりの文京区の春日にあるbiossaへGO♡

グルテンフリーのパン屋さんがあるのは東京ドームにほど近い春日駅から歩いて15分くらい。(並びにある1910年創業の老舗パン屋さんPAIN DE REPASのカレーパンも激しくオススメ。カリッカリでジューシーなパン生地が胃袋を鷲掴み♡)

biossa

ブルーの屋根が目印のパン屋さん。
店内は数人でいっぱいになってしまう位の小さなお店です。早速中に入ってみましょう♡

ズラーリ

私が伺った日のパンの種類は20種類ほど。

食パンの他にバゲットやブール。塩バターロールや豆パンなど日本ならではのパンもありますね。

初めてのパン屋さんでは必ずハード系(主にバゲット)、ソフト系、甘い系と……さまざまなパンを味わえるように数種類買うことにしているのですが、今回は食パンとガーリックバゲット、塩バターロールとフォンダンショコラをゲット♡

帰って食べるのが楽しみ!ワクワクしながら家路に着き……早速レポレポ!

袋から取り出すとフォンダンショコラが潰れてしまっている……クニクニとペシャンコな可哀想なフォルム……本当にごめんなさい……!
(柔らかくデリケートなので、持ち歩きにはお気をつけて涙)

パンに平謝りをしながら、とにかく美味しく食べることが今の私にできる精一杯の愛情! そんな風に思いながらレンジで30秒。

フォンダンショコラ

一見マフィンのようですが、実際に食べてみるとこれまたマフィンとは全然違った生地なんですよ。

限りなくパンに近く、更に米粉のモチモチがパンにダイレクトに繋がっている……!
チョコレートが濃いのでデザート感もしっかり。カリッとしたチョコチップの存在もマル。

もちろんグルテンフリーなので、グルテンアレルギーの方も食べられるスイーツパン♡ 店員さんに伺ったところ、パン以外の食材もすべて小麦は使われていないということなので安心して食べられますね。

塩バターロール

続いては「これは神!!!!」と口走ってしまった塩バターロール♡

チンせずにそのまま食べるとしっかりとした無骨な食感で噛み応え満点。これはこれで私は好きで美味しいのですが……

電子レンジで30秒。

(※通常の小麦粉のパンには基本的に電子レンジは使わない派。レンジの性能にもよりますが、20秒以上レンジにかけると生地が硬くなってしまい美味しさが損なわれてしまうイメージ。個人的に30秒も電子レンジを使用するのは米粉ならではなのでワクワクする♡)

さて!
アッチアッチになった塩バターロールの底力がすっごい‼︎

背中、キラッキラ

余談ですが、塩バターパンの背中が大好物な私。こんがりカリッカリになっている背面……光。食欲をそそりますね。

早速一口食べたら独特な食感にたまらず、「これは神!!!!」と断言した私がいました。

フッカフカな羽毛布団のような優しさと、これぞ本場のモチモチ!といわんばかりの弾力、お米を食べているみたい!

モチモチの本場がどこかはわかりませんが、仮に起源があるのならば、この塩バターロールは本場とかなり似ているはず。

バターのジュワッとした主張も顔をのぞかせ、マイルドな旨味となって押し寄せる……!

岩塩の大振りな塩味もいい味だすよね♡

食パン

続いても、すごい。

巷で人気の高級生食パンの密度よりも細かく、さらにこんなに手触りの良いパンは初めてです。

指で押すと、跡がつく。

こちらも他のパン同様に温めると、クラムの手触りが激変。
なんてこったい‼︎ 柔らかいという表現じゃ事足りない。1日中ずっと触っていたい。
窒息しない程度に強く顔を埋めていたい。
 
少し経つとクラムがキラリと光り出します。温まった米粉の成分が水分を出しているのか?クラム、お餅感MAX。

米粉の魅力、最大限に発揮。

クラストはしっかり骨格があり、クラムのしなやかなホワホワさがコントラストを強くします。
これはもう、毎日食べたい。美味しゅう。

バゲット

こちらはガーリックバゲット。温めるとガーリックの尖った良き香りが部屋いっぱいに広がります。

いわゆるハード系のバゲットの様なガリッとした食感はないものの、ソフトフランスを食べている食感に激似&なかなか強めなガーリックのお味が良い!

さまざまな種類が楽しめるbiossa。
健康志向の方や体調管理にももってこい♡
都内で美味しいノングルテンのパンを味わうならぜひここで!

biossa

住所/東京都文京区春日2-10-19
TEL/03-3830-0676
営業時間/9:00〜18:00
定休日/火
URL/www.biossajapan.com

BACKNUMBERはこちら

Text: Yuri Panno Edit: Yukiko Shinto

Profile

パン野ゆりYuri Panno パンコーディネーター/パンシェルジュ。日本全国、訪れたベーカリーは数えきれないほど。年に数回は海外へも足を運び、パンを独自の視点で分析。最近では、トークショーや「世田谷パン祭り」でワークショップを開催するなど、活躍の場を広げている。モデル山野ゆりとしては、雑誌や広告、CMなど幅広く活躍中。モデルという職業を活かし、太らないパンとの付き合い方も考案中。Instagram: @yuri.yamano

Recommended Post

Magazine

#141_h1ec

November 2020 N°141

2020.9.28発売

Raise Your Spirit

クリエイターがいま思うこと

オンライン書店で購入する