Food / Bakery Hopping

パン野ゆりのぶらりパン歩き 大阪「Orange Fields Tea Garden」の本気のタマゴサンド!

美味しいパンを求めて世界中どこまでも! パン愛にあふれたモデル山野ゆり改め“パン野ゆり”が、話題の新店から知る人ぞ知る逸品まで、津々浦々めくるめくパンの世界を独自の視点でお届け。大阪編・後半は紅茶専門カフェ「Orange Fields Tea Garden」のふわトロ卵サンドを紹介。

こんにちは! パン野ゆりです。前回に引き続き、大阪で出合ったびっくり! タマゴサンドをご紹介します♡

Orange Fields Tea Garden
大阪、天神橋筋商店街の中にあるこちらのお店。すぐ近くには紅茶とパンのお店、セイロンティー&ブレッドベーカリーを本店に持つカフェの2号店です。

本格的なお茶がずらり

スリランカへスタッフの方が直接足を運び、厳選されたお茶の種類は30種類ほど! 高低差のある山々に囲まれた国ならではの、さまざまな種類の紅茶が楽しめるんです。

私がいただいたのは、チャイ♡ 香りが濃く、味わいも丸みがありながらも深く、とっても美味しい! 茶葉もテイクアウト出来るので買って帰ろう♡

さて! 本格的な紅茶を楽しめるのはもちろんですが…私のお目当はこちらの、パン!(お店入り口に貼ってあった本気のカレーパンの張り紙。これ、ステッカーにして下さい。)

パンのメニューはインスタで見かけてどうしても食べてみたかった本気のタマゴサンド♡や、カレーパンやビーフシチューのポットパン、フレンチトーストなどなど! パンメニューが豊富で目移りしてしまいつつ、タマゴサンドをオーダー。

これぞニュースタイル・タマゴサンド!

わー!!来た!来た!
なんてニュースタイル!!

「本気のタマゴサンド」という「サンド」の概念すっ飛ばしスタイル。
あえて挟まない、囲うスタイル。

見てくださいこのビジュアル…! 一度見たら忘れられません(笑)。

お好きなように食べて下さいとのスタッフさんからのアドバイスのもと、早速好きなように食べよう!

高さ。
私の役割は皆さんにパンのディティールをお伝えすること。ついつい目の前のご馳走に走りがちなのですが、しっかりサイドも捉えなくては!

早々にがっつこうとした自分に素早く猛省、その後素早く気持ちを立て直しつつ横からパシャリ。

自分の一連の行動の速さが通常の3倍速になっています。これはご馳走オン・ザ・テーブルの魔法。タラタラ時間を過ごしているよりも一刻も早くご馳走にありつきたい!という深層心理の行動。

本気のタマゴサンドの実力

そんな自分とのやり取りを終えて早速いただきます♡食べ方は百人百様。私は2分割にカットしてみたのですが…これも正解!!!

タマゴの雪崩が起きた!!
なんていう眼福!!LINEの様に絵文字が使える文章だったら、8行分位同じ絵文字を連打しているでしょう。それ位強い衝動!

そして一口食べると「フッニャカフンニャカ!!!!!!」

なんていう優しさ!
白パンは軽くてソフト、ペットリ‥♡まるで肉まんの外側の様な感触。そこにボリューミーなスクランブルエッグの生暖かい卵とバターのコクがマッチング。ピリッとしたペッパーが思い思いにこんにちは。
こんなにボリューミーですが意外とマイルドでシンプルな味わい。

これ、ぺろっと食べられちゃうやつ。

添えられたケチャップをつけると世界が一転。実はケチャップにこんなに着目した事が無かったのですが、物凄い実力!!

タマゴサンドというしっかりとしたシンプルな美味しさの土台の上で、ケチャップが踊り狂う!

「予想外な動き…!!」でも、お見事。
ケチャップアレンジ…めっちゃ美味しいです。

ペロリと完食してお店を出る際に見かけたパンのミミとパンのナカミ。くり抜いた中身はどうなっているんだろう?と思っていたのでなんだか一安心♡せっかくなら買って帰ろう♫(同じ商店街の並びにベーカリーもあるのでそちらも併せてオススメ!)

衝撃的だったタマゴサンドとの出会い。次回は本気のカレーパンを食べてみたい!

Orange Fields Tea Garden

住所/大阪府大阪市北区天神橋3丁目7-26
レジュールアッシュ梅田イースト 102
TEL/06-6948-6290
営業時間/日〜水 11:00~18:00(料理・ドリンクL.O. 17:30)
木~土 11:00~22:00(料理L.O. 21:30 ドリンクL.O. 21:30)
(ランチ:11:00~料理ドリンクL.O. 17:30)
定休日/ランチ 年中無休
ディナー 木・金・土のみ営業

BACKNUMBERはこちら

Photos & Text: Yuri Panno Edit: Yukiko Shinto

Profile

パン野ゆりYuri Panno パンコーディネーター/パンシェルジュ。日本全国、訪れたベーカリーは数えきれないほど。年に数回は海外へも足を運び、パンを独自の視点で分析。最近では、トークショーや「世田谷パン祭り」でワークショップを開催するなど、活躍の場を広げている。モデル山野ゆりとしては、雑誌や広告、CMなど幅広く活躍中。モデルという職業を活かし、太らないパンとの付き合い方も考案中。Instagram: @yuri.yamano

Recommended Post

Magazine

ec

January / February 2020 N°133

2019.11.28発売

Live Your Color

カラフルに生きよう!

オンライン書店で購入する