アート、音楽、食……京都の旬を体験できる「NOHGA HOTEL KIYOMIZU KYOTO」 | Numero TOKYO
Trip / Editor's Post

アート、音楽、食……京都の旬を体験できる「NOHGA HOTEL KIYOMIZU KYOTO」

その地域の文化に触れられる宿泊体験ができるホテルブランド、NOHGA HOTEL(ノーガホテル)が関西初進出! 2022年4月1日、NOHGA HOTEL KIYOMIZU KYOTO(ノーガホテル 清水 京都) が開業しました。



これまでに上野秋葉原にオープンし、その土地ならではの色を反映したユニークなホテルを展開してきたNOHGA HOTEL。今回京都にオープンしたのは、清水五条駅から徒歩7分ほど、清水寺にも近く落ち着いた雰囲気のエリアです。NOHGA HOTEL KIYOMIZU KYOTOでは、「MEET HOT KYOTO.」というコンセプトのもと、さまざまな分野におけるクリエイターたちとコラボレーションし、アート、食、音楽、メディテーションといった体験を用意しています。

エントランスではDAISHIZENが手がけた植栽がお出迎え。盆栽から南国風のプラントまで個性豊かな緑が広がります。

ベーカリーカフェ併設の街に開かれたホテル

光がたっぷり差し込み、広々としたロビーは、木製の梁が温もりあふれる空間を演出。

右手側に目を向けると……なんと、パン屋さんが! 地域のため、街のためになるという想いを込めて「士魂商才」という言葉から名付けられた、その名も「CICON BAKERY by NOHGA HOTEL(シコン ベーカリー バイ ノーガホテル)」です。

サンドイッチやお惣菜パン、おやつにもってこいの甘いパンまで、多くの種類が並んでいました。ホテルで焼き立てを味わえるベーカリーがあるのはうれしい限り。ご近所の方もパンを求めていらっしゃるのだそう。8時からオープンしていますが、パンによって焼き上がりが違うので、タイミングを見て覗きに行くことをおすすめします。

ベーカリーの隣にはカフェも。コーヒーやナチュラルワイン、クラフトビールなど、パンと一緒に楽しむことができます。宿泊をせずとも、ここでゆっくりくつろぐのも素敵です。

CICON BAKERY
営業時間/8:00~18:00

CICON CAFE
営業時間/8:00~21:00

アートに音楽、ステイをより豊かにする仕掛けを凝らした部屋

宿泊したのは、デラックスツインの部屋。グレートーンの落ち着いた内装です。壁には、IDEE創始者である黒崎輝男氏率いるBlack lab.がキュレーションしたアートが飾られています。こちらの客室には大西真平さんの作品が。

電源コンセントがない……!?と探し回っていたら、こんなところに隠れていたとは! インテリアを損なわないよう、細やかな配慮がデザインに活かされています。

そして、音質にこだわってきたNOHGA HOTELならではのアイテムが。各部屋には高品質のスピーカーをセット。私の部屋にはTechnicsのおしゃれなスピーカーが置かれていました。立体的なサウンドが滞在をかなりリッチにさせてくれるはず。ポータブルスピーカーも荷物になるので、これはありがたい!

ティッシュボックスやメモバッドなどの備品も、京都のクラフツマンシップが発揮された逸品をセレクト。

上野や秋葉原と同じく、バスアメニティはOsajiです。

地元食材を使ったグリル料理とナチュラルワイン

旅の楽しみといえば、食! 朝食はもちろん、ランチ、ディナーと1日中利用できる「CICON by NOHGA HOTEL(シコン バイノーガホテル)」へ。

店内には100席、テラス席は20席を備えています。カウンターもあるので一人でも気軽に立ち寄れるのがナイスです。

ワインはナチュラルワインを中心にセレクト。

ベーカリーで焼いたパンをレストランでも提供。写真(左)は定番の「ナチュール」。豆腐にサワークリームを加えた特製クリームにつけていただきます。バターのようなコクがあっておいしい。

オーダーごとにスライスする、チョリソーやプロシュート、パンチェッタなどを生ハムの盛り合わせも。ワインがすすみます。

こちらはセビーチェの3種盛り。青唐辛子にヴィネグレットソースを合わせた真蛸、岩のりとワサビをアクセントにしたカンパチ&紅心大根、日本全国から届くフレッシュオイスターと、海の幸を満喫。味付けもそれぞれキマっています。

レストランの看板メニューであるグリル料理。オーブンとグリルの両方の機能が一つになった、スモークとグリルを同時に行うことができるスペイン・ジョスパー社のオーブンを使っています。

炭火で火を入れた京野菜のグリルは、野菜そのものの旨みを閉じ込めた、力強い味わい。バーニャカウダーソースと一緒に。他にも肉料理や魚料理、パスタなどそそられるメニューがたくさん。アラカルトなので、食べたいものをオーダーできる気軽さが良い!

朝食は、ジョスパーオーブンを使ったモーニングプレートのお肉かお魚を選べます。

ベーカリーで焼き上げたパンもこれだけの種類をラインナップ。つい食べすぎてしまいました……。

CICON by NOHGA HOTEL
営業時間/朝食 7:00~10:00(L.O.9:30)
ランチ&ディナー 11:00~22:00(L.O.21:30)

レストランの他に、ルーフトップバーも! 東山をはじめ、京都市内の山並みや清水寺、京都タワーなどのランドマークが一望できる最高のロケーション。タコスやピンチョス、クラフトビール、シグニチャーカクテルなどが楽しめます。

CICON ROOF TOP BAR
営業時間/14:00~23:00(L.O.22:30)

ホテルには珍しいことに、メディテーションルームを設置。建仁寺塔頭両足院の副住職・伊藤東凌氏と、音楽家・美術家・人工知能開発者などさまざまな肩書きをもつクリエイターの立石従寛氏、そしてスポーツクラブ メガロスが監修したメディテーションプログラムが体験できるのです。しかも宿泊者は無料で参加可能(要事前予約制)! 他にも、抹茶体験やコーヒードリップ体験なども用意しています。

ホテルのいたるところにアートを展示
ホテルのいたるところにアートを展示

カルチャーに食に、ウェルネスなど、見どころが満載の「NOHGA HOTEL KIYOMIZU KYOTO」。さまざまな体験を通して、五感を刺激する特別な滞在ができるはずです。

NOHGA HOTEL KIYOMIZU KYOTO
ノーガホテル 清水 京都

住所/京都府京都市東山区五条橋東4丁目450番1号
TEL/075-323-7120(平日10:00~18:00、土日祝除く)
URL/nohgahotel.com/kiyomizu/

Profile

新藤友紀子Yukiko Shinto ウェブ・エディター。女性ファッション誌のウェブ編集などを経て2018年『Numero TOKYO』に参加。ファッションをはじめ、カルチャーやライフスタイルなど興味の赴くまま取材。Numero.jpでは連載「パン野ゆりのぶらりパン歩き」「パントビスコの不都合研究所」やスイーツの記事などを中心に担当している。最近は韓国ドラマやK-POPに目覚め、失われた青春を取り戻すかのように沼り中。

Magazine

SEPTEMBER 2022 N°159

2022.7.28 発売

Think Pink

ピンクは自由だ!

オンライン書店で購入する