42
Lifestyle Trip

ムーミン美術館オープン!
ゆかりの地をたずねるフィンランド紀行

フィンランド生まれの世界的人気キャラクター、ムーミン。愛らしい姿ばかりでなく、ストーリーにちりばめられた深~い言葉や世界観に、子供も大人も夢中! 今年、世界初のムーミン美術館がタンペレにオープン。建国100年を迎えるお祝いムードのムーミンの国で、ものがたりの原風景に出会う。

Text & Photos : Chieko Koseki

Tampere
タンペレ

tam_04

ムーミン美術館がオープン! 産業遺産が人気観光スポットに

ヨーロッパ最大級の湖水地方の中心的役割をなすタンペレは、ナシ湖とピュハ湖に挟まれた地峡エリア。人口20万人の街の中央に、2つの湖を結ぶタンメルコスキ川がゆったりと流れている。

tam_02

タンペレは、フィンランド第3の都市というけれど、どこかのんびりとしたムード。小島がぽこぽこと浮かぶ湖を見下ろす小高いピスパラ住宅街の公園や、タンメルコスキ川の河畔には、地元の人々が集い、短い夏を謳歌している。日々の暮らしを大切に楽しむ、そんな心のゆとりが感じられる。

tam_05

もともとは1820年に老舗テキスタイルメーカー「フィンレイソン」の工場によって栄えた街だが、その工場跡や厩舎後など産業遺産を、レストランやカフェ、ショップとして再開発。新たなスポットとして人気を集めている。そして2017年6月、世界初のムーミン美術館がオープン。ムーミン・ファンの聖地でもあるタンペレ、ますます気になる!
 

mm_02
photo:Jali Kuusenaho / Tampere Art Museum ©Moomin Characters TM

世界初にして最大の、ムーミン美術館が登場!

2017年6月17日、世界ではじめてとなるムーミン美術館が、タンペレホールにオープン。トーベ・ヤンソンの原画や、パートナーであるトゥーリッキ・ピエティラの立体イラストレーションに加え、インタラクティブな仕掛けがちりばめられた楽しい展示になっている。

展示は小説9冊と絵本3冊の計12ストーリーのチャプターごとに、巨大な本の表紙が建てられ、それぞれの世界観を構築。ムーミン谷の仲間たちが繰り広げるストーリーは、わくわくする冒険あり、人生の知恵あり、切なさあり。初期のムーミンは鼻が尖って目が小さいが、徐々に丸みを帯びたおなじみムーミンに成長していく(!?)変遷も、ファンにはたまらないはず。日本人スタッフの常世田さんのムーミン愛が伝わるガイドは、歴史的背景や画法など、作品の理解をさらに深めてくれる。

mm_04
©Moomin Characters TM

ハイライトは、1階から地階へと下りる階段近くの巨大な彗星のインスタレーション。階段を下りるにつれて彗星が接近してくる轟音が響き、地階の天井を見上げるとシャンデリアのような彗星がキラキラと輝く作品だ。また、トーベの生前の愛用品など、秘蔵のコレクションも見どころ。

ちなみに、これらのアートコレクションは、タンペレ美術館内のムーミン谷博物館に展示されていた、作者であるトーベ・ヤンソンから寄贈されたもの。その数、2000点を超す。そしてこのたび、ムーミン谷博物館から、新たに設計されたタンペレホール内へお引越し、リニューアルオープンとなった。館内ショップにはムーミングッズや絵本、小物など、ファン垂涎のお宝がざっくざくだ。

Moomin Museum
ムーミン美術館

住所/Tampere-talo, Yliopistonkatu 55, Tampere, Finland
営業時間/9:00~19:00(平日)、11:00~18:00(土・日)
休館日/月
入場料/大人 €12、小人 €6
TEL/+358-3-243-4111
URL/muumimuseo.fi/ja/(日本語)
 

tt_01
photo:Jali Kuusenaho / Tampere Art Museum ©Moomin Characters TM

ムーミン美術館に併設する
フィンランド料理レストラン

ムーミン美術館の入っているタンペレホールの改装に合わせて、リニューアルオープンしたフィンランド料理レストラン。名物はシェフの解釈によるムーミン・メニュー(€39)。

ムーミンの大好物のフィッシュスープをモチーフにしたサーモンのスープや、ムーミンママの伝統的なイチゴジャム添えのパンケーキなどがラインナップ。愛情こめて料理をするムーミンママのように、野菜はホール屋上の自家農園で育て、自分たちで摘み、使っている。

Tuhto
トフト 

住所/Tampere Hall, Yliopostonkatu 55, 33100 Tampere
営業時間/11:00~23:00(月〜14:00、金〜24:00、日〜18:00)、12:00~24:00(土)
TEL/+358-50-3319-315
URL/www.ravintolatuhto.fi
 

myll_03

ムーミンのストーリーから
インスパイアされたコース料理

ムーミン美術館からほど近い、スカンジナビア料理のレストラン。ムーミンの大ファンであるシェフのヤレッコさんが、小説や絵本からイマジネーション受けて作り上げた“ムーミン・インスパイアード・メニュー”(€33.5)が自慢。

どの料理にも、あのストーリーのこんなシーンから生まれたという逸話があり、シェフもエピソードを語り出したら止まらない。たとえば魚料理のグラブラックスは『ムーミンパパ海へ行く』の灯台での食事のシーンから。このメニューは14時以降だが、ランチでも予約をすればアレンジOK。

Myllärit
ミュッラリ

住所/Åkerlundinkatu 4, Tampere
営業時間/11:00~14:00(平日ランチ)、11:00~22:00(アラカルト、火~木)、11:00~23:00(金)、15:00~23:00(土)
TEL/+358-20-7739444
URL/myllarit.fi/en-gb/frontpage.aspx
 

ffct_01

人気老舗テキスタイルメーカーのアウトレット

タンペレの街に1820年に誕生したテキスタイルメーカー、フィンレイソン。鮮やかな色使いのフラワーモチーフや、ムーミンのアイテムが手頃なプライスで!

ffct_03
©Moomin Characters TM

広い店内に所狭しにテーブルクロスやシーツ、タオルやバスタオル、ランチョンマットなどがずらりと並んでいる。お手頃な掘り出し物が見つかるはず!

Finlayson Factory Shop Tampere
フィンレイソン・ファクトリー・ショップ・タンペレ

住所/Kuninkaankatu 3, 33210 Tampere
営業時間/10:00~17:30(土~16:00)
定休日/日
TEL/+358-400-193-133
URL/www.finlayson.fi
 

tosy_01

厩舎跡に、かわいいショップやカフェが大集合!

かつて馬車の待機場だった場所に、愛らしい小店が集まった複合施設、タッリピパ厩舎跡。

手作りのかわいい雑貨屋さんやチョコレート専門店、色とりどりのカップケーキが並ぶカフェなど、一軒ずつ扉を開くたびにわくわく。フィンレイソン工場跡から続く、再開発エリア探訪のひと休みにもちょうどいいロケーション。

Tallipiha Old Stable yards
タッリピハ厩舎跡

住所/Kuninkaankatu 4, Tampere
営業時間/11:00~18:00(日 ~16:00)
カフェ 9:00~18:00、(日 10:00~)
※クリスマス時は営業時間に変更あり
TEL/+358-45-3267004
URL/www.tallipiha.fi/35
  

lht_02

ムーミン美術館まで徒歩1分のデザインホテル

コンテンポラリーな意匠に、トナカイの角やファーが飾られた、ラップランドの自然や神話をテーマにしたデザインホテル。

白とグレーをベースにした141室のゲストルームの壁には、トナカイの角やロヴァニエミ出身の写真家の作品が飾られている。また、レストランではノルディックの自然をテーマにした食をサーブ。雑貨ブランド「ペンティック」とコラボした、森の色や影をコンセプトにしたテーブルウェアもステキ!

Lapland Hotel Tampere
ラップランド・ホテル・タンペレ

住所/Yliopistonkatu 44, Tampere
URL/www.laplandhotels.com/EN/urban-hotels/tampere/lapland-hotel-tampere

自然溢れるマンッタ

Profile

古関千恵子(Chieko Koseki)ビーチ・ライター。リゾートやダイビング、エコなど海にまつわる出来事にフォーカスし。“仕事でビーチへ、締め切り明けもビーチへ”をループすること四半世紀あまり。世界各国のビーチを紹介する「世界のビーチガイド」で日々ニュースを発信中。「世界のビーチガイド」 www.world-beach-guide.com

Recomended Post