Culture / Editor's Post

デートスポットにもおすすめ♡ 紗栄子さん運営「NASU FARM VILLAGE」

現在発売中のNumeroTOKYO 3月号「Mother Nature」特集。「人間と動物、慈しみ合う世界へ」企画では、坂上忍さんや松島花さん、ミキ亜生さんなどに取材し、人間と動物が幸せに暮らせる未来について考えました。

その中で競走馬を保護し、NASU FARM VILLAGEという場所で牧場運営をはじめた紗栄子さんにお話を伺いました。現地取材で訪問したのですが、あまりにも素敵な場所でしたので、現地の様子を少しだけレポートします!

栃木県大田原市にあるNASU FARM VILLAGEは、都内から車で2時間半ほど。朝9時すぎに出発し昼前には到着しました。栃木県には一度も行ったことがなかったのですが、思ったよりも近いなという印象。まず目に入ったのがどこまでも広がる綺麗な芝生。ハイジのように走り回りたいと思うほど広大な敷地です。そこで馬たちがムシャムシャと美味しそうに干し草頬張っていました。とっても可愛い!

こちらの芝生は誰でも自由に歩くことができ、遠くを見渡すと見える山々の景色も良好。紗栄子さんもみんなが来て自由に走り回れるようにと、芝生の手入れには力を入れているとおっしゃっていました。

レストランカフェも併設しており、地元の新鮮な野菜を使ったワンプレートのランチも美味。仕事のことを忘れてしまいそうなくらいゆったりとした時間が流れています。

馬との触れ合いはもちろん、トレッキング体験も! 真冬は少し寒かったですが、これから春が気候も良く、一番おすすめの時期だそうです。500円でニンジンの餌やりもすることができます。

夕方ごろにはピンクの夕焼けになり、最高なムード。「帰りたくないなあ」と思うほど、その景色に圧倒され、美味しそうに草を食べる馬たちをずっと眺めていました。(あまりにも美味しそうに無心でムシャムシャと食べているので私も食べたくなりました。)澄んだ空気と綺麗な芝生、優しいスタッフさん、幸せそうな馬たち……。あらゆる状況下で疲れた心と体をとっても癒して頂きました。この神秘的な写真はスマホの待ち受けにしています。

日帰りでも十分に楽しめるのでデートで訪れるのには最適は場所です! 家族でももちろん楽しめます。広大な敷地なのでソーシャルディスタンスも取りやすいのでおすすめ。このNASU FARM VILLAGEは、紗栄子さんが保護馬たちと、訪れてくれる人への強い思いが込められた素敵な場所。牧場運営を始めようと思ったきっかけや馬たちへの思いについては、本誌3月号にて紹介しているので、ぜひ読んでから訪れてみてください。
ファームの良さを倍増して楽しめると思います。

NASU FARM VILLAGE

住所/栃木県大田原市狭原1298-1
Tel/0287-54-0009
営業時間/9:00〜17:00
休/毎週水曜・第2・第4木曜、年末年始
https://nasufarmvillage.com

Profile

柴田紗妃Saki Shibata ファッション・フィーチャー・エディター。大学卒業後、出版社経験を経て2018年『Numero TOKYO』に参加。ファッション撮影をはじめ、ファッションにまつわる読み物ページ、取材やライフスタイルなどのカルチャーページも担当。国内・海外問わず90年代〜現代までのテレビドラマを深く愛する。お気に入りのドラマは10回以上は繰り返して鑑賞し、ロケ地まで巡りまくる生粋のドラマオタク。

Recommended Post

Magazine

ec

April 2021 N°145

2021.2.26発売

Fun! Fun! Fun!

ファッションが足りない!

オンライン書店で購入する