82
People Personality

戸田恵梨香にインタビュー
「年を取ったなあって実感しました(笑)」

自分自身の今に影響を与えた人物や、ターニングポイントとなった出来事、モノ、場所との出合い。それをきっかけに変化し成長した自分を振り返る。戸田恵梨香のビフォー&アフター。

Photo:Masato Moriyama
Styling:Akira Maruyama 
Hair & Makeup:Haruka Tazaki 
Interview & Text:Maki Miura
Edit:Saori Asaka

#109_きっかけ02

──プライベートでの転機は?

「以前は2、3本、作品を掛け持ちすることも多くて、ゆっくりお休みを取れなかったんです。でも役にも自分自身にも向き合えないなあと思い、20歳から1年に1カ月はまとまった休みを取るようにしました。1カ月休んでみたら、役のことはよく考えていたけど、自分のことは置いてきぼりだったなあって実感して。空っぽさに気づいて、すごく焦り、自分がやりたいことや何か夢中になれるもの、自分の肥やしを見つけていこうと。映画や本、そして21歳から始めたダイビングは今や欠かせない存在です」

──映画はどのくらいの頻度で見ますか。

「休みの日は1日1本見ますが、現場に入るとなかなか…。映画を見ると、空っぽになったものが満たされて、ストックが生まれます」

──どんな映画が好き? 出演してみたい映画は?

「自分が演じるという目では見ないかな。邦画より洋画が多く、アメリカのA級大作より、いわゆるB級、C級映画のほうが好きです。大作とかを見ていると、たまに流行る要素を全部詰め込んだな…と、作り手の意図が見えてしまって」

──作り手がやりたいことを純粋に表現している映画が好み?

「そうですね。流行る要素を詰め込んだ映画って、本当にエンターテインメントになっているのかな?と。最近は制限が多すぎるからか、登場人物も比較的いい子が多くて、みんなヒーローみたい。なんだか個性のなさを感じるんです。個性といいながらも、結局同じだったり。それよりも、だらしないダメな人間のほうが魅力的に感じます。日常でも作品でもそういう人に惹かれるから、もし歪んでいる役柄の話が来たら、ぜひ演じたいです」

──確かに、枠からはみ出ない個性が多いかもしれない。個性って、何だと思いますか。

「自分らしさ? 何を持って自分らしさなのか、定義がすごく難しいですが。ちゃんと自分が見えている人なのかな」

──ダイビングはどのように?

「石垣島で初めて潜ったのですが、命に関わることなので、最初の数年は同じ海にしか行けなかったんです。年に1回、5、6年くらいは石垣島に行っていました。最近はグアムに行きました。次はパラオやフィリピンに行きたいなと思っています」

──海の中の魅力って?

「豊かになれる! 何でも良くなるというか、天国みたいなんです。魚たちが自由に泳いでいて、そこには生活があって。人間とは別の生き物の世界を垣間見られるのが、すごく豊かだなと。間近で見ることで、優しくなれます。力が抜けますね。心身ともにデトックスする感じです」

──素敵! 体力はバッチリ? 鍛えていらっしゃるんですよね。

「はい、昨年からようやく(笑)。『SPEC』のときに『ガリガリの女が餃子を食べている』とト書きにあって、筋トレするのをやめたんです。ふくらはぎに筋肉があったら違うなと思って。それまでは運動が大好きだったんですけど、運動しないことの楽さを知ってしまったら、そこから5年ぐらいサボってしまい…。ようやく昨年再開したのは健康のためです(笑)。美容ではなくて、健康のために運動をしなきゃと思い始めて。心身ともにタフじゃないと女優業はできないですしね。これからもバリバリ運動して、仕事して、潜りに行きます!」

ワンピース¥61,000/Self-portrait(ルシェルブルー カスタマーサービス) ピアス¥355,000/Tiffany(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)

Profile

戸田恵梨香(Erika Toda) 1988 年生まれ。兵庫県出身。2006年『デスノート』で映画初出演、07年『LIAR GAME』にて連続ドラマ初主演。以降も映画やドラマに多数出演し、09年エランドール賞・新人賞を受賞。現在放送中のフジテレビ系ドラマ『コード・ブルー 〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(毎週月曜21時〜)に出演中。

Recomended Post