People / Interview

西島隆弘インタビュー「完璧に何かに染まりきらなくても美しい」

ジュエリーブランド「SoireeO(ソワレ・オー)」のプロデュースを発表したNissyこと西島隆弘にインタビュー。ジュエリーに込められたメッセージとは?(『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2019年11月号掲載)

ニット/スタイリスト私物 K10 ハーフイヤーカフ(ダイヤ付き)¥105,000 K10 バータイプネックレス(ダイヤ付き) ¥84,000 K10 バングル¥195,000/すべてSoireeO(レインボーワークス)
ニット/スタイリスト私物 K10 ハーフイヤーカフ(ダイヤ付き)¥105,000 K10 バータイプネックレス(ダイヤ付き) ¥84,000 K10 バングル¥195,000/すべてSoireeO(レインボーワークス)

重ねていくLIVEは思い出となりそれは形ともなり
ファンとの共有・共感をジュエリーで表現

なぜいま、彼はジュエリーをクリエイトするのか? プロデューサーとしての一面にクローズアップ。

──ブランド名の意味と由来を教えてください。

「ジュエリーブランドの名前は『SoireeO』。“ソワレ”はフランス語で夜会の意味で、舞台ではソワレは夜の公演を指します。僕自身、夜にステージに立つことが多く『夜会、何時に?』とのイメージから、集う人の輪という意味も込めてこの名前を付けました。夜会で集うときに、このジュエリーを身に着けていてほしい、また自分も着けていたいなと」

ユニセックスで楽しめるシンプルなデザインが魅力的。「Nissyセット」イヤーカフ、ネックレス、バングル¥24,000(3点セットで)/すべてSoireeO(レインボーワークス)
ユニセックスで楽しめるシンプルなデザインが魅力的。「Nissyセット」イヤーカフ、ネックレス、バングル¥24,000(3点セットで)/すべてSoireeO(レインボーワークス)

──オリジナルのジュエリーを作るきっかけは?

「昨年、ソロ活動5年続けてきたタイミングで初めてドームでソロライブをやらせてもらうと決まったくらいに、夜、カフェで一人でご飯を食べてたときに思ったことがあって。今まで作ってきた数々の音楽作品は、その人それぞれの生活環境で見て、聴いて、触れていて、そして時は過ぎ、その人オリジナルの思い出となっていく。きっと5年の節目でやるこのドームライブも、僕らそれぞれの思い出となっていく訳だから、ならばその激動に走り続けた節目のタイミングに、身に着けられる証というか、思い出のものを今後も、たまに身に着けていたいなと思ったのと、ここまで一緒に歩んでくれた人達との、節目の年に思い出のものとして『僕らの5年の夜会』を共有できたらなと思ったのがきっかけですかね」

ころんとした有機的なフォルムで、デコルテにどこか柔らかな温かみを添えてくれるデザイン。ネックレス(K10)¥65,000〜70,000(メタル)¥11,800〜16,000/すべてSoireeO(レインボーワークス)
ころんとした有機的なフォルムで、デコルテにどこか柔らかな温かみを添えてくれるデザイン。ネックレス(K10)¥65,000〜70,000(メタル)¥11,800〜16,000/すべてSoireeO(レインボーワークス)

──デザインでのこだわりを教えてください。

「完璧な円ではない、柔らかい雰囲気の輪やゆるい曲線だったり、決まりがない自由な形だけど、それが繊細でさり気なく輝いてて。未完成とも完成とも見えるのは、それぞれであっていいと思う僕の考え方が反映されています。ゴールドとシルバーのツートンも、完璧に何かに染まりきらなくても美しいというイメージで。でも、そんな裏テーマは気にせず、単純に着けて『可愛い!』と思っていただけたら十分。パーティやイベントに行くときのために、自分のコーディネートの一つに加えていただけたら。もちろん普段使いとして、常に一緒にいる、思い出を共有している、という意味であっても素敵かなと」

──Nissy自身はどんなジュエリーがお好きですか。

「『SoireeO』が好きですよ(笑)。生活に邪魔にならない、女性が着けていそうなシンプルなジュエリーが好きです。若い頃はゴツゴツした男っぽいアクセサリーをしていた時期もありましたが、恐らく似合ってなかったですね(笑)。なのでいまは、『SoireeO』を愛用してます」

Photo : Masaki Sone Interview & Text : Maki Miura Edit : Hisako Yamazaki

Profile

西島隆弘Takahiro Nishijima 1986年9月30日生まれ、北海道出身。歌手、俳優。2009年の初出演・主演映画『愛のむきだし』が第59回ベルリン映画祭で作品としてW受賞したほか、数々の国内の映画賞にて新人賞を受賞。今年開催されたソロでのドームライブは、日本人男性ソロアーティスト史上最年少で4大ドームツアーを成功させる。今年9月には、自身がプロデュースするジュエリーブランド「SoireeO」を発表するなど、多方面でクリエイティブに活躍。soireeo.com

Recommended Post

Magazine

ec

November 2019 N°131

2019.9.28発売

Joyful!

幸せのエネルギー

オンライン書店で購入する