Culture / Post

玉木宏のターニングポイント「結婚とは何か、幸せとは何か、考え込んでしまいました」

──結婚って、いろいろ考えさせられる深いテーマですよね。


そうなんです。そして結局、明確な答えもないので、どんどん考えも哲学的になっていきますよね。先日も、このドラマを監修してくださっている大学教授と対談する機会があったのですが、結婚とは何か、幸せとは何か、考え込んでしまいました。ある程度は勢いも大事だろうし、でも勢いだけでは失敗しそうだし。純平のセリフにもありましたが、周りが既婚者ばかりだと「自分は当たり前のことができないみたいだな」と思うこともあって。もちろん結婚だけを求めているわけではないけれど、結婚できている人はある意味すごいのかな、と思ったり。


──その答えのないテーマにこのドラマがどんなアプローチをするのか、展開がとても楽しみです。


ええ。リアルな言葉がたくさん詰まった台本なので、未婚の方は未婚の視点で、既婚の方は既婚の視点で、視聴者にいろいろ考えながら楽しんでもらえたらと思います。
 
▶続きを読む/事務所に入るきっかけになったスカウトと社長との出会い
 

Profile

Recommended Post

Magazine

September 2019 N°129

2019.7.26発売

The Only Ones

新時代の表現者たち

オンライン書店で購入する