Beauty / Feature

田中杏子の私的ビューティ考 vol.1 フレグランス

編集長・田中杏子のプライベートな視点から、「これいい!」と直感した新作コスメを紹介する連載がスタートです!(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2020年10月号掲載)

【Ako’s View】

「もともとはフローラルやムスクのフェミニンな香水が好きです。今まで香水は、自己表現のツールという“対他者”視点で選ぶことが多かったけれど、最近は“自分”のための香りも気になります。自分が心地いいと感じる香りは、気分のスイッチングにもいいですよね。家では香木やキャンドルでアロマのある生活を楽しんでいます」

リラックスしたい夜、自分時間のお供にしています

「シャネルが初めて作った“夜のための香水”。といっても夜遊びの夜ではなく、リラックスへと誘う、家での夜時間を楽しむための香りなのが素敵」。フレッシュオリエンタルの香調はそのままに、より柔らかなノートへ昇華。肌や髪、リネンにも。

ココ マドモアゼル ロー プリヴェ [50ml] ¥9,800(9月4日発売)/Chanel(シャネル カスタマーケア 0120-525-519)

朝のシャワー後に浴びたい! すごく好きな香りです

「朝の日差しを浴びたときのように、気分がしゃきっとしてすごくいい! 他人のためでなく、自分が心地よくなるために纏いたい香りです」。爽やかなベルガモットとともに、ふんわりとした紅茶の心地よさに包まれる。過去に完売歴もある限定フレグランスが復刻。

アールグレイ オードパルファン[40ml] ¥3,800(オンライン限定発売)/Shiro(シロ 0120-275-606)

手にするだけで宇宙へと誘ってくれるよう

「ふわっとした浮遊感を味わえるような気持ちのいい香りで、すごく好き。星屑がちりばめられたボトルも素敵」。インセンスや黒茶の香りが、清らかでいて深遠な印象を描き出す。

ロンブル デ メルヴェイユ オードパルファム[100ml] ¥19,900/Hermès(エルメス ジャポン 03-3569-3300)

気分をスイッチしたい時に使いたくなるコロン

「イチジクの香りが、透明感があって爽やか。全身に浴びるように纏える軽やかさもいい」。たおやかな蓮の花が香る、ライトタッチなフローラル。

フィグ & ロータス フラワー コロン[100ml] ¥16,000(9月4日発売)/Jo Malone London(ジョー マローンロンドン 0570-003-770)

“誰か”のためにまといたい、うっとり酔いしれる香り

「夜のデートにつけたい気分になる、女性っぽさが開花する香り」。チュベローズやジャスミン……白い花々の奏でる濃密なムスキーノート。

グッチブルーム プロフーモ ディ フィオーリオードパルファム [50ml] ¥11,300(9月2日発売)/Gucci(ブルーベル・ジャパン 0120-005-130)

ベチバーの香りに、懐かしさを感じます

「昔好きだった人を思い出すような、甘酸っぱい気持ちがこみ上げる香り。かすかな男っぽさが感じられます」。ブランド初の香水コレクションは、ベチバーが主役の注目作。

09.27.65オードパルファム ベチバーアブソリュート [75ml] ¥31,000/Thom Browne(トム ブラウン 青山 03-5774-4668)

Photos:John Chan Edit:Naho Sasaki

Profile

田中杏子Ako Tanaka 編集長。ミラノに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。紙面でのスタイリングのほか広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numéro TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO’S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recommended Post

Magazine

#141_h1ec

November 2020 N°141

2020.9.28発売

Raise Your Spirit

クリエイターがいま思うこと

オンライン書店で購入する