938
Fashion Editor's Post
ジャン・プルーヴェのアート作品
「F 8×8 BCC組立住宅」内で初のファッション撮影
(高倉)ジャン・プルーヴェ作品内で初のファッション撮影

発売中のNumero TOKYO #103のファッションストーリー「田中杏子のリアルモード」もうご覧いただけましたでしょうか?

今回は、かの有名な建設家ジャン・プルーヴェの作品である「F 8×8 BCC組立住宅」にて、初のファッションシューティングを敢行!

IMG_8982

2016年10月に公益財団法人現代芸術振興財団主催のもと、フランス大使館公邸にて3日間のみ限定公開された
「the CONSTRUCTOR ジャン・プルーヴェ:組立の解体のデザイン」
会場にお伺いしての撮影となりました。

世界に2点しか現存しない「F 8×8 BCC組立住宅」(1941)。

時代を経た作品だからこそ放つ厳粛な空気と
今もなお色褪せない革新的なデザインの魅力を
肌で感じ、とても心地の良い緊張感のある撮影となりました。

IMG_8973

タイムレスなアート作品に佇む最新リゾートコレクションを纏ったモデルを、
フォトグラファーの蓮井元彦氏がフィルムで情緖溢れるファッションストーリーとして切り撮ってくださっています。

ファッションとの掛け合わせによって、生で感じるアート作品の魅力とは、また一味違う表情を感じとっていただけたら、、と編集担当として願っています。

ぜひ書店にてご覧ください。

ヌメロ・トウキョウ 2017年1・2月合併号はこちら

Profile

高倉由紀乃(Yukino Takakura)エディター。大学卒業後、出版社経験を経て2015年『Numero TOKYO』に参加。主にファッションを担当し撮影に奮闘の日々。写真家への愛が強く来日フォトグラファー取材への姿勢は常に前のめり。“この目で見たい”の欲に忠実な行動派。「田中杏子のリアル・モード」や、若き才能をフィーチャーする「21世紀少女」、LiLyによる大人のための官能恋愛小説「Love me if…」の編集を担う。ダイエット情報に敏感ですぐさまトライするが、スイーツに目がなく挫折の繰り返し。

Recomended Post