459
Lifestyle Editor's Post
bills 銀座で優雅なアフタヌーンティーを満喫!
bills 銀座で優雅なアフタヌーンティーを満喫!

「世界一の朝食」と評され、リコッタパンケーキで一世を風靡したbillsですが、2016年10月にオープンした「bills 銀座」はオールデイダイニングとして、朝食はもちろんのこと、ランチ、アフタヌーンティ、ディナーまで満喫できるレストランとして話題を呼んでいます。

????????????????????????????????????
©Mikkel vang

世界でも注目されており、ロンドン発の雑誌「MONOCLE」が選ぶ”TRAVEL TOP 50”に選出されるほど! スイーツ好きとしては、全世界のbillsの中でもbills 銀座でしか味わえない限定メニュー「BILLS’S HIGH TEA SET」を一度食べてみたいと思っており、ようやく行くことができました!

IMG_1627

メニューはこちら。

FullSizeRender 2

オープンサンドに始まり、ピスタチオのシュークリームやパンナコッタ、チーズケーキなど一口サイズのデザートメニューが盛りだくさん。こだわり抜かれた食器が色彩豊かにテーブルを飾り、見ているだけでうっとり。ショーケースやメニューを見て”全部食べたい!!”という欲が満たされるなんとも至福な気分を味わえます。

IMG_1641
IMG_1632

billsといえば欠かせないリコッタパンケーキもミニサイズでセット。脇役のようにうつってしまっていますが、スコーンも中がしっとりと味わい深く、絶品です。

IMG_1630

個人的には、ラズベリーがのった濃厚チーズケーキと黄色いパッションフルーツソースがのったパブロバの味が特に忘れられません。パブロバとはオーストラリアで親しまれているスイーツで、メレンゲのサクサクっとした食感がクセになります。

他店舗とはまた違った雰囲気なのもbills 銀座の魅力。広々とした店内、高い天井、大きな窓から銀座らしい都会な街並みが見渡せ、ラグジュアリーで心地よい空間。女性同士はもちろんですが、特別な日のデートにもふさわしい優雅さを放っています。バーカウンターもあり、ワインメニューも豊富なので、ディナーにもまた訪れたいと思いました。

並ばないと入れないイメージがありますが、アフタヌーンティやディナーは予約も受け付けているそう! 優雅なひと時を味わいたくなったら、bills 銀座へ。が定番になりそうです!

bills 銀座
住所/東京都中央区銀座2-6-12 Okura House12F
TEL/03-5524-1900
営業時間/8:30~23:00 (フードラストオーダー22:00、ドリンク22:30)

Profile

高倉由紀乃(Yukino Takakura)エディター。大学卒業後、出版社経験を経て2015年『Numero TOKYO』に参加。主にファッションを担当し撮影に奮闘の日々。写真家への愛が強く来日フォトグラファー取材への姿勢は常に前のめり。“この目で見たい”の欲に忠実な行動派。「田中杏子のリアル・モード」や、若き才能をフィーチャーする「21世紀少女」、LiLyによる大人のための官能恋愛小説「Love me if…」の編集を担う。ダイエット情報に敏感ですぐさまトライするが、スイーツに目がなく挫折の繰り返し。

Recomended Post