396
Culture Editor's Post
蒼井優、8年ぶりの主演
『アズミ・ハルコは行方不明』

 

突如、街中に拡散される、女の顔のグラフィティ・アート。無差別で男たちをボコる、女子高生集団。OL安曇春子(28)の失踪を着かっけに交差する、ふたつのいたずら。

Photo:Yuri Manabe

どこかの地方都市でゆっくりと突然に起きた失踪事件の背景と行く末を描きながら、「アラサー」「二十歳」「女子高生」という女性三世代(三種類)の生き方を浮き彫りにした山内マリコさんの小説『アズミ・ハルコは行方不明』を、松居大悟監督が映画化。主演を蒼井優さんが演じてます。蒼井さんの映画単独主演は2008年の「百万円と苦虫女」以来、およそ8年ぶり。ヌメロ・トウキョウでは彼女に、公開直前の心境と、女優としての今、そして30代の自分についてインタビューで語ってもらっていました(インタビューはこちら)。

映画『アズミ・ハルコは行方不明』は、3つの物語がそれぞれの時間軸で進みながら少しずつ交差する。共通しているのは、どの背景にも女性は女性らしく生きろという社会があるということ。

「アラサー」
27歳の安曇春子(蒼井優)。独身で恋人もいない春子は実家で両親と祖母と一緒に暮らしている。老齢の祖母を介護する母のストレスが充満する実家は居心地のいいものではなく、会社に行けば社長と専務に「女は若いうちに結婚するべきだ」とセクハラ三昧の言葉を浴びせられる日々。春子はふと自分の年齢を実感。まだ27歳ではなく、もう27歳。若くはないということに…。

azumiharuko

「二十歳」
20歳の愛菜(高畑充希)はとある地方都市の成人式の会場で、大学進学のため名古屋に行った中学時代の同級生のユキオ(太賀)と再会。ほどなくして大学を中退し、地元に帰ってきたユキオとなんとなく会って遊んだり、なんとなくセックスする間柄になっていく。ユキオの誕生日プレゼントを買いにレンタルビデオ店に行ったふたりは同級生の学(葉山奨之)と再会。ユキオと学はあるきっかけから、グラフィティ・アートのユニットを結成。“28歳・安曇春子の行方を探す張り紙”をモチーフに、春子の顔とMISSINGという文字を合わせてグラフィティ・アートにして街中に拡散していく。愛菜も一緒に広めていくことになり…。

「女子高生」
少女ギャング団による男性のみを襲う暴行事件が巷を騒がせる。インターネット上ではその事件と、アズミ・ハルコのグラフィティ・アートの関連が噂され…。

劇中に流れる音楽を環ROY、劇中アニメーションをひらのりょうが手掛けるなど、80年代生まれのクリエイターが参加した映像としての面白さにも惹かれました。女性の内面をリアルに描きながら、ポップアートを取り入れた手法がなんともかっこいい(公式サイト内の映像がブラウン管テレビのようなエフェクトもイマドキ)。

azumiharuko02

azumiharuko

私にも失踪していた頃がある。もしかしたら今も、行方不明なのかも? 公開情報はこちら

蒼井優インタビューはこちら

Profile

新村有希子(Yukiko Shinmura)ウェブ・エディター、エディター。服飾専門学校卒業後、『MilK japon』編集部でキッズファッションのスタイル提案とビジュアル製作を経験し2012年より女性誌へ。『Numero TOKYO』ウェブサイトのディレクションと本誌編集に携わる。服や人、本や映画を切り口にした東京カルチャーのトレンドを配信中。野口強の『最近どうよ?』、米原康正の『東京文化人類学』、峰なゆかの『ふんいき美人ちゃん』などの連載を担当。「mame」に恋して6年目。休日の愉しみは古着屋巡り。

Recomended Post