06
Lifestyle Trip
エディターズトリップ台湾ティーを巡る旅

羽田・成田からわずか3時間のフライトで到着する台北は、週末デスティネーションにぴったり。12月の台北でも平均気温は18℃ほどという比較的温暖な気候から、冬でも街歩きが楽しめるのも魅力です。とはいえ、慌ただしい弾丸旅行では休まらない。近場だからこそできる、フライトもホテルもランクアップした優雅な大人の週末旅はいかがでしょう?

Photos&Text:Saori Asaka

DSC_0610

台湾ティーマガジン「Hermit’s Hut」主宰の台湾茶会を体験

すっかりホテルに居着いてしまい、台湾だということを忘れそうになっていましたが、ちょっと外に出ればやはりそこは刺激がたくさん! 忙しない観光はしたくなかったので、今回は最近ハマっている台湾ティーをテーマに遊んできました。

DSC_0595
DSC_0605

まずは台湾ティーマガジン「Hermit’s Hut」を主宰するDennis(デニス)とVicky(ヴィッキー)のアトリエで台湾茶会を体験。

DSC_0619

このブランド、コンセプトが面白く、雑誌を購読するように台湾茶を楽しんでほしいと、定期購読方式での販売。ひとつひとつ厳選して仕入れたお茶が、その季節にあったもの、また違いを楽しめる3種類が届きます。

IMG_0368

そして何より良いのが、生産者情報やお茶の紹介とともに、二人が何度もトライして見出した淹れ方が説明してあるカード。これが台湾茶をおいしくいただくために一番大事なもの! 自宅でこのカードの説明どおりにいれてみたら、今まで適当にいれていたお茶とは味も香りもまったく別モノ! この茶葉なら1煎めは98℃で45秒蒸らし、2煎めは96℃で1分蒸らす…など、本当に細かく書いてあるんです。

DSC_0614

実は茶道のお稽古に通っているのですが、お道具を見るとお抹茶よりも煎茶に近いのかな?という印象。作法というより、約3000種類もあるという台湾茶のそれぞれのベストな淹れ方を習得していかなければならないのが台湾茶の奥深さだそう。お湯の温度から蒸らし時間、またそれが1煎め、2煎め、、、と香りも味も変わっていくにつれて、淹れ方も変わっていくんですね。これを覚えるのは大変…。

DSC_0626

この日のお茶会は堅苦しいものではなく、彼らの友人と一緒にお喋りしながらゆっくりと流れる時間を楽しみました。急遽用意されたお花もDennisが友人を迎えに行った際に外で摘んできたもの。お花を飾ってお茶を淹れて話をする、そんな時間を過ごせることがとっても贅沢…。

DSC_0631

DennisとVickyも本当にすてきなカップルでした!

Hermit’s Hut
en.hermits-hut.com

いま人気の台湾若手作家の茶器

Profile

浅香紗織(Saori Asaka) エディター。大学卒業後、渡英。ロンドンの大学院を卒業して帰国。出版社でのアシスタントを経て2008年から『Numero TOKYO』に参加。本誌インタビュー連載「きっかけはコレでした」や、美容、ライフスタイル系の記事を担当。ウェブマガジンやファッションアプリ、カタログの美容コンテンツなども手がける。趣味はうつわ、お茶、単身ライブ通い、衝動買い、ホテル遊びetc.(主に一人遊び!?)。ライフスタイル取材を通して理想のライフスタイル模索中。最近のお気に入りは和モノ。

Recomended Post