28
People Talks
黒木華インタビュー「隙のある色っぽい悪女に憧れる」

旬な俳優、女優、アーティストやクリエイターが登場し、「ONとOFF」をテーマに自身のクリエイションについて語る連載「Talks」。 vol.28は女優、黒木華にインタビュー。

Photos:Ayako Masunaga
Hair&Makeup:Katsuhide Arai
Styling:Yuriko E
Interview&Text:Miho Matsuda
Edit:Masumi Sasaki

黒木華

“悪い女”という言葉の響きに惹かれる

──今回は悪女役です。「悪女」についてどういう印象を持っていますか。

「とても楽しみです。そもそも、みんなどこかしら悪い部分、ずるいところはありますよね。『悪女』って、ずるい女性のことだと思うんです」

──その「ずるさ」とは?

「『この人だったら、しょうがない』と人に許してもらえるずるさ。そういう隙を意識的に作ることができる人が、“悪い人”だなと」

──自分には隙はあると思いますか?

「どうなんでしょうね。隙だらけといえばそうなんですが、私の場合はそれより“適当さ”や“だらしなさ”なのかもしれません。たとえば、意識的に服をはだけさせるというより、うっかりボタンを掛け違えていた!とか(笑)。でも、“悪い女”という言葉の響きは好きなんです。魅力的ですよね」

──憧れの「悪女」はいますか?

「悪い女ではないですけれど、宮沢りえさんは様々な経験をされた上での大人の色気があります。お酒を飲みながらお話ししていると、酔えば酔うほど可愛らしくなって、私も女なのにドキっとしてしまう瞬間がありますね。舞台の上では、その色気が “悪女”にもなるから、りえさんを見ていると、いい女、悪い女とは、こういう人のことを指すのかなと。私も今回の悪女役で、いろんな面をお見せできるようになりたいです」

実はカーテンコールが苦手!?

Profile

黒木華(Haru Kuroki)1990年生まれ、大阪府出身。2010年、大学在学中にNODA・MAP番外公演『表に出ろいっ!』でヒロインオーディションに合格し、野田秀樹、中村勘三郎との3人芝居でデビュー。映画『シャニダールの花』『小さいおうち』『舟を編む』『リップヴァンウィンクルの花嫁』、NHK連続テレビ小説『花子とアン』にも出演。2NHK大河ドラマ『真田丸』や主演ドラマ『重版出来!』、主演舞台『書く女』も話題に。2017年は2月から舞台『お勢登場』に出演。

Recomended Post