28
People Talks
黒木華インタビュー「隙のある色っぽい悪女に憧れる」

旬な俳優、女優、アーティストやクリエイターが登場し、「ONとOFF」をテーマに自身のクリエイションについて語る連載「Talks」。 vol.28は女優、黒木華にインタビュー。

Photos:Ayako Masunaga
Hair&Makeup:Katsuhide Arai
Styling:Yuriko E
Interview&Text:Miho Matsuda
Edit:Masumi Sasaki

黒木華

女優・黒木華が2017年2月、シアタートラムにて江戸川乱歩原作の舞台『お勢登場』に出演する。今回は悪女の役。周りを惑わす魅力があり、時に人を殺めるほどの強さを持つ「お勢」に「やりがいがある」と語る彼女に、憧れの「悪女」や、インドア派というプライベート、実は不器用だという恋愛観に至るまで話を聞いた。

合唱部の幽霊部員から演劇部、そして女優へ

──デビューは舞台NODA・MAP番外公演の『表に出ろいっ!』ですが、黒木さんにとって舞台とは?

「女優になるきっかけだったので原点と言いますか、自分の中では大事なものです。観客の方と直に会うことが出来るし、キャストの皆さんと演出家さんとで作り上げていく時間やその空間が心地良くて。年に1、2回は挑戦したいと思っています」

──映画やドラマにも出演されてますが、舞台との違いはありますか?

「舞台は稽古期間があって、本番では仕上がっている状態なので、あまり緊張しないんです。むしろ、映像の方が緊張します。カメラがあるというのは非日常ですし、現場に行くまではひとりで考えて、その場で監督とキャストの方の意見を聞きながらベストな働きをしなくてはいけない。舞台は幕が降りれば終わりですが、映像は残るものですし。でも、演じるモチベーションは、どちらも同じです」

──高校から演劇部だったんですよね。そもそも、なぜ演劇部に?

「なぜかやりたいと思ったんです。中学は合唱部の幽霊部員で、サボって校庭でバレーボールしてたり(笑)。小さい頃から、母がいろんな経験をさせてくれて、そのひとつに、地元の子どもが集まってミュージカルを上演するという活動があったんです。その頃の記憶もあって、高校で自分が何をしたいのか考えた時に、お芝居をすることが浮んで。そこから、大学も映画学科の俳優コースを選びました」

憧れは大人の色気がある宮沢りえさん

Profile

黒木華(Haru Kuroki)1990年生まれ、大阪府出身。2010年、大学在学中にNODA・MAP番外公演『表に出ろいっ!』でヒロインオーディションに合格し、野田秀樹、中村勘三郎との3人芝居でデビュー。映画『シャニダールの花』『小さいおうち』『舟を編む』『リップヴァンウィンクルの花嫁』、NHK連続テレビ小説『花子とアン』にも出演。2NHK大河ドラマ『真田丸』や主演ドラマ『重版出来!』、主演舞台『書く女』も話題に。2017年は2月から舞台『お勢登場』に出演。

Recomended Post