25
People Talks
ユニコーン インタビュー
「50代になった今が一番楽しい」

旬な俳優、女優、アーティストやクリエイターが登場し、「ONとOFF」をテーマに自身のクリエイションについて語る連載「Talks」。 vol.25はアーティスト、ユニコーンにインタビュー。

Photos:Kouki Hayashi
Text:Miho Matsuda
Edit:Masumi Sasaki

001

ユニコーンが13枚目のフルアルバム『ゅ 13-14』(ゆのいちさんいちよん)をリリース。ドラマ『重版出来』(TBS系)の主題歌「エコー」を含む全14曲は、全員が作詞作曲し、ヴォーカルや担当以外の様々な楽器を演奏。それぞれのキャラクターを最大限に生かし、かつてないほど“ユニコーンらしさ”をパッケージングしたアルバムに仕上がっている。このアルバム制作の秘話や、メンバー最年少のABEDONが7月30日に誕生日を迎え、全員が50代を迎えた現在の心境を聞いた。

アルバム制作は宿題形式

──今回、ABEDONさんが50歳を迎えられて、皆さんが揃って“半世紀少年”になった記念のアルバム『ゆ 13-14』ですが、今回のコンセプトは?

川西幸一「コンセプトはいつもないんですよ」

奥田民生「あるときはありますよ」

川西「え、どれ?」

奥田「昔ね」

川西「『服部』はそうですね。あれはタイトルから始まって『服部』っぽい曲を持ち寄ったんです」

奥田「それと『おどる亀ヤプシ』ぐらいか。基本的に統率が取れてないので、コンセプトが決まらないんですよ」

手島いさむ「レコード会社から『こんなコンセプトで』と提案してくれれば『ワシャ、こんなん嫌じゃ』とかあるかもしれないですけどね」

EBI「それじゃ結局、決まらないよ(笑)」

ABEDON「賛同できるものだったら、まんざらでもないですけど」

──締め切りがあって、それぞれが曲を持ち寄る宿題スタイルなんですか。

奥田「毎回そうです」

川西「締め切りがなかったら、夏休み気分で曲を書きゃしませんよ。未来を想定して、日々コツコツ曲を作っているのはテッシー(手島)だけですから」

奥田「あれは、他の人に書いたものを持ってきただけでしょ」

川西「そうなの?」

ABEDON「俺もそう思ってた」

川西「臨機応変だね」

──でも“これはユニコーン用に”と持ってこられるんですよね。

手島「まあ、それなりの覚悟で曲を持ち寄るわけですから」

奥田「そうなの?」

手島「そうですよ。まず、ざっくばらんに酒を飲みながら聴きましょうという会があり、それに間に合うように各々が曲を作る。それから、レコーディングの日程が決まるんです」

──ダメ出しもあるんですか?

手島「基本的にないですね」

奥田「ダメ出しされた人が傷付くじゃないですか。そんな時は、ただ何も言わない」

一同「(笑)」

手島「ノー・コメンテーター(笑)」

奥田「何も言われなかったら、そこですでに傷付きますけど」

遠くの夢より、手の中に
あるもので何ができるのか

Profile

ユニコーン(Unicorn) ABEDON(阿部義晴/1966年生まれ)、奥田民生(1965年生まれ)、川西幸一(1959年生まれ)、EBI(堀内一史/1965年生まれ)、手島いさむ(1963年生まれ)。1986年広島にて結成し、翌年『BOOM』でデビュー。「大迷惑」(89年)「働く男」(90年)「ヒゲとボイン」(91年)「雪が降る街」(92年)「すばらしい日々」(93年)など数多くのヒットを記録するが1994年解散を発表。2009年シングル「WAO!」で再始動する。8月10日に新作『ゅ 13-14』(ゆのいちさんいちよん)をリリースしたばかり。ツアーは9月3日(土)東京・府中の森芸術劇場を皮切りに、全国19カ所29公演を予定している。

Recomended Post