24
People Talks
神木隆之介インタビュー
「モテたい男子の裏側を全面に!」

旬な俳優、女優、アーティストやクリエイターが登場し、「ONとOFF」をテーマに自身のクリエイションについて語る連載「Talks」。 vol.24は俳優、神木隆之介にインタビュー。

Photo:Satomi Yamaguchi
Hair&Make-up:MIZUHO
Styling:Satoshi Yoshimoto
Interview & Text:Tomoko Ogawa
Edit:Yukiko Shinmura

ryunosuke kamiki
神木隆之介インタビュー 「モテたい男子の裏側を全面に!」

人気脚本家・宮藤官九郎監督のハチャメチャ青春コメディ『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』。地獄へ落ちてもなお、恋する同級生とキスすべく、不屈の精神で地獄の訓練に耐えるあっぱれな高校生・大助を演じる俳優、神木隆之介。2歳でデビューし、クセのある悪役からオタク、爽やかな優等生までを演じ分ける実力派へと成長する彼の素顔とは?

物語を知っていても、ついて行けない!

──おバカ青春映画『スクール・オブ・ロック』や『ズーランダー』にも通じる、日本ならではのコメディでしたが、脚本を読んで、どんな映像になるか想像できました?

「想像できなかったです。字面だけで『地獄の亡者に襲われ、鬼に吹き飛ばされて…』と書いてあっても、よく分からなかったです(笑)。でも言葉の掛け合いがすごく面白くて、最後には温かい気持ちになるというのが脚本を読んだ第一印象でした。それで役作りをして、撮影をして、いざ出来たものを見たときに抱いたものが、台本を最初に読んだときの感覚に近かったんです。役作りをするときに第一印象を大事にしているので、あんなに想像できなかったのに、第一印象のまま映像を見ても変わらなかったというのが嬉しかったです。それに、頭の中でカット割りや細かい芝居を操って、ものすごくスピード感のある映像を作り出す監督の宮藤さんが、さすがだなと思いました」

──冒頭からものすごいスピードで物語が展開していきますもんね。

「開始10分以内に大助は地獄に落ちるんです。序盤、大助の台詞に『何これ? 全然分からない。全然ついて行けない』というのがあるのですが、まさにそんな状態。台本も読んでいるし演じてもいるので物語を知っているはずなのに、完成した本編を観はじめたらもう全然頭がついて行けなくて、何が起きているんだろう……ってぼーっと観てしまいました。そのときに大助の台詞が自分の気持ちを代弁してくれたんです。撮影中はあの言葉がそこまで効いてくるとは思っていなかったのですが、大助もそう言いたくなるなと実感しました(笑)」

──大助はカッコつけてるのにちょっとダサいのが愛らしいキャラクターでしたが、神木さんも努力してカッコつけるところはありますか?

「僕もずっと『モテたい』とか言っていたし、カッコつけるところはカッコつけます(笑)。大助みたいにすごく分かりやすいタイプだと思います。大助と僕が似ているのは、綿密に作戦を立てているようで意外と物事を軽く考えているところ。大助の場合はナメきっているとも言えますが、僕も楽観的でそこまで物事を深く考えていなかったりするので。特に、彼の高校生活は共感することばかりです。それこそ、モテるために色々努力しているところとか」

Profile

神木隆之介(Ryunosuke Kamiki)1993年5月19日、埼玉県生まれ。95年にCMでデビューし、99年の「グッドニュース」でテレビドラマデビューを果たす。映画『お父さんのバックドロップ』(04)での演技が注目を集め、主演映画『妖怪大戦争』(05)で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。その後も『桐島、部活やめるってよ』(12)、『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』(14)、『バクマン。』(15)など話題の映画やドラマにも多数出演。また、映画「サマーウォーズ」をはじめ、多数のアニメ作品にも声の出演として参加している。入江悠監督最新作『太陽』が公開中。待機作に8月公開予定の新海誠監督『君の名は。』(声の出演)がある。

Recomended Post