21
People Talks
浜野謙太インタビュー
「松田翔太と出会って火がつきました」

旬な俳優、女優、アーティストやクリエイターが登場し、「ONとOFF」をテーマに自身のクリエイションについて語る連載「Talks」。 vol.21はミュージシャンで俳優の浜野謙太にインタビュー。

Photos:Ayako Masunaga 
Stylist:Toshiaki Seki
Hair & Make-up:HAMA 
Interview & Text:Cosmos Hoshima 
Edit:Yuko Fukui

バンド・在日ファンクのリーダーであり、独特のキャラクターで俳優としても活躍する浜野謙太。通称「ハマケン」として多方面から注目される彼が、連続ドラマ『ディアスポリス−異邦警察−』(MBS/TBS)に出演。松田翔太や、邦画界の実力派監督が揃った撮影現場で感じたこととは。また2児の父親として奮闘するプライベートにも迫る。

新作ドラマでは特殊メイクで登場

──『ディアスポリス−異邦警察−』がスタートしましたが、原作はご存知でしたか?

「マンガはそんなに詳しくないんですが、すぎむらしんいち先生の作品大好きで『モーニング』で連載していた頃から読んでいました。だからオファーが来たときは嬉しかったです」

──浜野さん演じる鈴木は、横領事件の参考人として追われ、顔を整形して主人公・久保塚早紀(松田翔太)の相棒になるという設定です。

「最初に特殊メイクで登場して、“整形後”に僕のこの顔になるんですね。それで『やったー!』と喜ぶという(笑)。特殊メイクは大変でしたが、原作を基に新しい作品にするというコンセプトだったので、思い切り演じられたし、映画界を代表する4人の実力派監督が揃っていたので、すごく面白かったです」

──冨永昌敬氏(『パビリオン山椒魚』『ローリング』)、熊切和嘉氏(『海炭市叙景』『私の男』)などが監督をされるんですね。

「男の意地をかけるような熱い現場でした。特に主演の松田翔太君が、みんなの心に火をつけるのが上手で。闇雲に『当ててやろうぜ!』というのではなく、火をつけるべきところに着火するんですよ。翔太君もこの監督たちをもっと世の中に知ってもらいたいという気持ちがあっただろうし、彼も俳優人生の代表作にしたかったんだと思います」

Profile

浜野謙太(Kenta Hamano)1981年神奈川県生まれ。昨年解散したSAKEROCKの元トロンボーン担当で、在日ファンクのボーカル兼リーダー。俳優、タレントとしても映画、ドラマ、バラエティなどに多数出演。映画『婚前特急』で第33界ヨコハマ映画祭・最優秀新人賞を受賞。

Recomended Post