19
People Talks
グライムス インタビュー
「ブリトニーを目指しても、結局グラムスの音になる」

旬な俳優、女優、アーティストやクリエイターが登場し、「ONとOFF」をテーマに自身のクリエイションについて語る連載「Talks」。 vol.19はアーティスト、グライムスにインタビュー。

Photos:Yosuke Demukai 
Styling:Yasuhiro Takehisa
Hair & Makeup:Masayoshi Okudaira 
Interview & Text:Cosmos Hoshima 
Edit:Masumi Sasaki

グライムスことクレア・ブーシャ。カナダ出身の彼女は、独学での作曲、宅録からキャリアをスタートさせ、2012年イギリスの名門レーベル4ADからアルバム『ヴィジョンズ』をリリース。音楽的な才能と、キュートで独創的なルックスで、音楽シーンのみならずファッション界からも注目を浴びる存在に。2016年1月に新作『アート・エンジェルズ』をたずさえ来日した彼女に、オリジナリティあふれる創作の源泉について聞いた。

曲作りとヴィジアルは同時に生まれる

──ファッションアイコンとしても注目を集めていますが、ご自身が監督も務めたミュージックビデオの中で着ている服はどういうテーマで選んでいますか?

「ここ2作くらいは、スタイリストにお願いしているので『マリー・アントワネットみたいな服がいい』とイメージを伝えて見つけてもらっているわ」

──マリー・アントワンットというと「Flesh without Blood/Life in the Vivid Dream」のミュージックビデオですね。

「そう。でもマリー・アントワンットに限らず、天使だったり、ゴスな女の子だったり、いろんな人をイメージしたわ。テニスコートとか洞窟、この女の子ならこんな部屋でインテリアはピンクがいいとか、自分でロケーションも選んで」

──そのイメージはどうやって生まれるのでしょうか。

「『Kill V. maim』は作曲している時点でイメージがあって、それをもとに撮ったの。『Flesh without Blood/Life in the Vivid Dream』に関しては、アルバムの中の『World Princess, Pt.II』という曲でMVの構想があったんだけど、ビデオを作らないことになったから、そのアイデアをこの曲にスライドしたというわけ」

──そういえば、どちらのビデオも最後に血まみれになりますよね。それにはどんな意図が?

「そういえばそうね! 意識してなかった。たまたまそうなったの(笑)」

Profile

Grimes(ぐらいむす)クレア・ブーシャによるソロプロジェクト。カナダのバンクーバーやモントリオールを拠点に独学で作曲を学び、宅録で作品を作り始める。自主レーベルから3枚のアルバムをリリースしたのち、2012年、4ADから『ヴィジョンズ』を発表。『NME』誌の「最もエキサイティングな新人バンド2012」で1位を獲得するなど、音楽シーンのみならず、カルチャーやファッション界からも注目を集める。2015年12月、現在の拠点であるLAでレコーディングし、自身でプロデュースも手掛けた『アート・エンジェルズ』発表。新世代のポップ・アイコンとして要注目のアーティスト。

Recomended Post