17
People Talks
マキタスポーツ インタビュー
「芸能の神様は、女性かもしれない」

旬な俳優、女優、アーティストやクリエイターが登場し、「ONとOFF」をテーマに自身のクリエイションについて語る連載「Talks」。 vol.17はマキタスポーツにインタビュー。

Photos:Yuji Namba 
Interview & Text:Cosmos Hoshima 
Edit:Masumi Sasaki

俳優、文筆家と多彩な才能をもつマキタスポーツ。映画やドラマでも味のある名脇役として活躍し、『文學界』で小説を連載するなど多彩な幅広いジャンルに挑戦している。そのなか、マキタスポーツの友人(?)“ダークネス様”率いるヴィジュアル系バンド、Fly or Dieがアルバム『矛と盾』を発表。なぜ今ヴィジュアル系なのか、マキタスポーツに聞いた。

ずっとお化粧してみたかった

──俳優や、バラエティなど幅広く活躍されていますが、Fly or Dieはレーベル移籍して本格的にスタートしますね。

「そうですね。“音楽エンターテインメント”は僕の主軸の一つですが、それをさらに世の中に広めていきたいと思いますし、一番やりたいことでもあります」

──バラエティ番組『ゴッドタン』の企画「マジ歌選手権」から始まったFly or Dieですが、当初から本格的に活動する予定はあったのでしょうか。

「Fly or Dieの元となる“マキタ学級”というバンドで、ずっと音楽活動はしていたんですね。ヴィジュアル系についても、以前から興味はあったんですが、メンバーに『お化粧をしたい』とは言い出せなかったんです。でも、番組でそういう企画があり、ついにお化粧をする理由ができまして。そこに乗じたような感じです」

──ずっと、ヴィジュアル系に憧れを抱いていたんですね。

「なんとなくですが、バンド業界には“お化粧系”と“質実剛健系”という括りがあると思うんですよ、自分は何も考えず“質実剛健系”側にいたんですね。あるとき、LUNA SEAの真矢さんに『なぜお化粧をするようになったのですか』と聞いてみたんです。そうしたら『女の子にキャーキャー言ってもらうためにバンドを始めたんだから、お化粧は当然するものだと思っていた』と。なんてストレートなんだ、こういうことなんだ、僕も女の子に騒がれたくてバンドを始めたのに、周囲が“質実剛健系”だったから自分もそれに流されていたと気付いたんです。そういうこともあって番組の企画を機に、お化粧をしてみたという流れなんですね。バラエティ番組の企画だったので、お化粧もかなりゴテゴテした感じですし、僕の“ユーズド感”のある顔にムリヤリお化粧を乗せるわけですから、どうしても笑いの方向になってしまいますが、それでも僕の中に数ミリの陶酔感が生まれるんですよ。気持ちにブーストがかかるというか。『ゴッドタン』の『マジ歌選手権』は、“マジ”なことを歌うほうがむしろ間抜けで面白いという企画だから、その方がいいわけですけど、そうでなくても本気のほうが皆さんの耳目(じもく)に値するのではないかと思いました」

Profile

マキタスポーツ(Makita Sports)1970年生まれ。山梨県出身。28歳で芸能界デビュー。2001年バンド「マキタ学級」結成。2012年映画『苦役列車』でブルーリボン賞新人賞、東京スポーツ映画大賞新人賞をW受賞。以降ドラマ・映画・バラエティなど出演多数。CM「アースジェット」やゲーム「太鼓の達人」などに楽曲提供なども行っている。著書に『すべてのJ-POPはパクリである〜現代ポップス論考』(扶桑社)他。話題の「10分どん兵衛」の考案者。http://makitasports.com

Recomended Post