831
Celebration 100 Editor's Post
100号「田中杏子のリアル・モード」は、世界で活躍する福士リナ、萬波ユカの東京クルーズ

 

NY、ロンドンと2017年春夏コレクションが次々と発表されています。ミラノ、パリはこれからですが、今のところ個人的に一番気になったのは、Marc Jacobs!きらきら、ラメラメ、シャイニーカラー、可愛いシルエットがたくさん。あぁ、キュートすぎます。

16-17年秋冬シーズンに引き続き、どこかゴスっぽい、原宿ガールっぽいニュアンスが、日本人だからでしょうか、わくわくします。

そんなMarc JacobsやAlexander Wangでもランウェイを歩いたほか、ますます世界へと活躍の場を広げる日本人モデル。

現在発売中の小誌100号(10月号)「田中杏子のリアルモード」連載(p.094〜)には、そんなおふたり、福士リナさんと萬波ユカさんが登場してくださりました。

イタリア人のFederico de Angelisが撮り下ろした東京クルーズは、来訪者から見た東京。普段東京に住む私たちとは違う目線で切りとった東京の魅力を改めて感じることができます。秋冬のベストルックを纏ったファッションストーリーを是非ご覧ください。

その他にも、100号には世界を魅了するローラさんや水原希子さんに登場していただいたファッションストーリーなど、盛りだくさんです!

ヌメロ・トウキョウ 2016年10月号はこちら

Profile

漆原望(Nozomi Urushibara)アシスタント・エディター。大学卒業後、ファッションアシスタントとして『Numero TOKYO』に参加。展示会周り、リース返却、スタイリングのお手伝いなど主にファッション撮影の準備や現場の仕事に駆け回る日々。本誌連載のパーティスナップページも担当。先輩ファッション・エディターから技を盗むべく勉強中。ジュエリーとスカーフをうまく使いこなせる女性があこがれ。生涯の課題は“ヘルシーな小麦肌を”。今年こそは、素敵な小麦肌の女性を目指します!
celebration100

Numero TOKYO 100 POP UP STORE in ISETAN SALONE

「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」100号をを記念して8月27日(土)より、東京ミッドタウン・イセタンサローネにて12日間限定のポップアップストアがスタート! 国内外のブランドやデザイナーとのコラボレーションによる特別な限定商品が店頭に並ぶ。また、創刊時より連載している「アイデアボックス」の展示では100号に掲載している作品の実物と、これまでのアーカイブを写真や映像でご紹介。イベントの詳細はこちら

Recomended Post