170
Culture Art
メゾンエルメスで感じる“アートの共犯関係”とは?
『曖昧な関係』展
hermes art
Photo: Catalina Fernandez Courtesy of the artist, YAMAMOTO GENDAI

銀座メゾンエルメス フォーラムにて、作品と身体の間に生まれる関係性について考察するグループ展がスタート。3人のアーティストが紡ぎ出す、“共犯関係”の行方とは? (写真:出展作家より、ナイル・ケティングの作品)

Text:Keita Fukasawa

世代や国籍、表現方法もそれぞれ異なる3作家。キーワードはずばり、“曖昧な関係”──。
スイスのジュエリー作家ベルンハルト・ショービンガーは、割れたガラスなどのファウンド・オブジェを使ったジュエリーを中心に、身体という物質性や欲望を描き出す。
フランス人の画家、アンヌ・ロール・サクリストは、15世紀にパオロ・ウッチェロが描いた『サン・ロマーノの戦い』の抽象性を京都の石庭に重ね合わせ、部分と全体の移ろいやすい関係を絵画上に浮かび上がらせる。

曖昧な関係展_02
出展作家より、アンヌ・ロール・サクリストの作品。Photo: N.Pfeiffer Courtesy of the artist

光波や音波といった不可視のマテリアルをベースに創作活動を行うベルリン在住のナイル・ケティングは、パンクカルチャーへの共感から近未来的な身体と物性、新たな公共性の知覚を提案するインスタレーションを発表する。
それぞれの作品と身体の対峙から浮かび上がる、オブジェ/身体/空間の“曖昧な共犯関係”を、ぜひ感じ取ってみたい。

曖昧な関係展_03
出展作家より、ベルンハルト・ショービンガーの作品。Courtesy of the artist, Gallery S O London

「曖昧な関係」展
会期/2016年12月21日(水)〜 2017年2月26日(日)
会場/銀座メゾンエルメス フォーラム 東京都中央区銀座5-4-1 8F
時間/11:00〜20:00(日は〜19:00/最終入場は30分前まで)
休廊/不定休(エルメス銀座店の営業時間に準ずる)
TEL/03-3569-3300
URL/www.maisonhermes.jp/ginza/le-forum

Profile

深沢慶太(Keita Fukasawa) フリー編集者、ライター、『Numero TOKYO』コントリビューティング・エディター。『STUDIO VOICE』編集部を経てフリーに。『Numero TOKYO』創刊より編集に参加。雑誌や書籍、Webマガジンなどの編集執筆、企業企画のコピーライティングやブランディングにも携わる。編集を手がけた書籍に、田名網敬一、篠原有司男ほかアーティストの作品集やインタビュー集『記憶に残るブック&マガジン』(BNN)などがある。『Numéro TOKYO』では、アート/デザイン/カルチャー分野の記事を担当。

Recomended Post