03
Culture Art
WOW : arts #03
『Lights and shadows』

まさに鮮烈。日本発、映像から空間、伝統工芸から仮想現実までを操る先鋭的創造集団「WOW」。 その壮大なる作品世界に迫る連載企画。WOWという名の地平から、視覚表現の未来が見えてくる。

Text:Keita Fukasawa

レディー・ガガの顔面プロジェクションマッピングから、マーク・ニューソンのデザインによる日本刀まで──。縦横無尽なるWOWの活動領域をさらに進化/深化させるべく発足した「ART」部門へ、新たにラインナップされた作品をご紹介しよう。

Lights and Shadows from WOW inc on Vimeo.

『Lights and Shadows』(2009年)。「ミラノサローネ2008」(イタリア・ミラノ)の共同エキシビション「TOKYOWONDER」における展示風景。

2008年、世界最大のデザインの見本市「ミラノサローネ」へTONERICO、CURIOSITYとともに参加を果たしたWOW。「TOKYOWONDER」と題した共同エキシビション会場にて、東京という都市の持つ美しさや儚(はかな)さを夜景が放つ光と影の小宇宙によって表現し、国際的に高い評価を集めた。
暗闇の中に来場者の視界を覆う幅8メートルのスクリーンを設置し、映像世界への没入感を演出。今年発表されたWOW初のオリジナルVR作品『Tokyo Light Odyssey』(※1)の世界観へと連なる “東京という名の小宇宙” が、浮遊感とともに詩的に表現されている。

WOW ART
www.w0w.co.jp/art/

『Lights and Shadows』
www.w0w.co.jp/art/LightsAndShadow/

(※1)『Tokyo Light Odyssey』360°ティザー映像(https://www.youtube.com/watch?v=fnIApgU4hQg&vq=highres
2016年11月6日(日)まで東京・初台のNTTインターコミュニケーション・センター[ICC]にて展示中。

なお、「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2016年10月号(創刊100号/「Legend」特集)では、“次世代のレジェンド”たるWOWの表現宇宙のゆくえを8ページでフィーチャー。あわせてぜひチェックを。

Profile

深沢慶太(Keita Fukasawa) フリー編集者、ライター、『Numero TOKYO』コントリビューティング・エディター。『STUDIO VOICE』編集部を経てフリーに。『Numero TOKYO』創刊より編集に参加。雑誌や書籍、Webマガジンなどの編集執筆、企業企画のコピーライティングやブランディングにも携わる。編集を手がけた書籍に、田名網敬一、篠原有司男ほかアーティストの作品集やインタビュー集『記憶に残るブック&マガジン』(BNN)などがある。『Numéro TOKYO』では、アート/デザイン/カルチャー分野の記事を担当。

Recomended Post