672
Culture News
日中韓の「プロトコル(=約束ごと)」を比較するムンタダスの個展
Cartographies
スペイン出身ニューヨーク在住のアーティスト、アントニ・ムンタダスによる個展「ムンタダス展 アジアン・プロトコル」が開催中。約40年のキャリアのなかで、社会や政治、コミュニケーションに関わる問題に取り組んできたムンタダス。日本における20年ぶりの個展となる本展では、日本、中国、韓国の3国をリサーチし、それぞれの場所に行き渡るさまざまな「約束ごと(=プロトコル)」に焦点を当てる。「外交」「政治」「秩序」など43個の英語のキーワードに対応して、各国のリサーチャーが選んだイメージをマッピングした巨大な地図『アジアン・プロトコル:カルトグラフィー(地図作製)』や、中学校と高校の歴史教科書に使用されているイメージから各国の歴史教育を比較する新作『アジアン・プロトコル: 歴史教科書』など、3か国の類似点と相違点、そして緊張を、視覚的に浮き上がらせるインスタレーション作品を展開。「プロトコル」を構成する文化背景を学び、考えるきっかけを与えてくれる展覧会となっている。 
 
ムンタダス展 アジアン・プロトコル
会期/2016年3月20日(日)〜4月17日(日)
会場/3331 Arts Chiyoda 東京都千代田区外神田6丁目11-14
時間/12:00〜19:00 入館は閉場の30分前まで
休廊/会期中無休
TEL/03-6803-2441
URL/http://am.3331.jp

アントニ・ムンタダス『アジアン・プロトコル:カルトグラフィー(地図作製)』 2014 3331 Arts Chiyodaでの展示風景 Photo by Keizo Kioku ©Muntadas
 

Text: Ai Kiyabu

Recomended Post