554
Culture Post
メタリックに輝く瞳に貴方はもうイチコロ。伝説のアーティスト・空山基の新作に注目!

1

彼女の滑らかな冷たい肌、もの言いたげな銀色の唇……メタリックに輝く瞳に見つめられたなら、貴方も気づけばもう骨抜きに……。世界に衝撃を与えた『セクシーロボット』シリーズ(1978-)や、ロックバンド「エアロスミス」のアルバムジャケットを手がけたことで知られている、伝説のアーティスト空山基の新作個展が、渋谷のアートギャラリー・NANZUKAにて開催されている。
 
驚異的な写実力を武器に、人体美と機械美の融合を追求し続けてきた空山。彼自身が敬愛するアイコン、マリリン・モンローの肖像をロボットとして描き起こした今回の個展では、新作ペインティング十数点に加えて、セクシーロボットを等身大、および1/3スケールで立体化した作品を公開している。展覧会タイトルに掲げたのは「女優はマシーンではありません。でも機械のように扱われます。」という言葉。永遠のセックスシンボルは、冷ややかな身体に熱い心をもって、会場を訪れた貴方に何を語りかけてくるのだろうか。
 
女優はマシーンではありません。でも機械のように扱われます。
会期/2015年1月30日(土)〜 3月5日(土)
会場/NANZUKA 東京都渋谷区渋谷 2-17-3 渋谷アイビスビル B1F
時間/11:00〜19:00
休廊/月曜・日曜・祝祭日
TEL/03-3400-0075
WEB/www.NUG.jp

Untitled (2015) ©Hajime Sorayama Courtesy of NANZUKA

 

Text: Kahlua Tsunoda

Recomended Post