693
Culture Post
マキタスポーツがヴィジアル系に? Fly or Die『矛と盾』リリース
矛と盾
俳優としても活躍するマキタスポーツ。彼の友人(?)ダークネス様が率いるヴィジュアル系バンド、Fly or Dieがレーベル移籍し、初のフルアルバム『矛と盾』をリリース。
 
全11曲のうち9曲をマキタスポーツが作詞・作曲。ヒット曲を分析した『すべてのJ-POPはパクリである〜現代ポップス論考』(扶桑社)を著すほど、音楽に造詣の深いマキタスポーツらしく、ロック、ヒップホップ、ポップス、歌謡曲などジャンルを超えたミュージック・エンタテイメントを繰り広げる。BSスカパー『PANIC IN』主題歌の「あいしてみやがれ」は大森靖子、映画『かいけつゾロリ うちゅうの勇者たち』エンディング・テーマ「とぅ・び・こん・にゅ」は原ゆたかが作詞。「残響 FANATIC BRAVE HEART」にはアニソン界の気鋭、鈴木このみをフィーチャー、「普通の生活」には元ボ・ガンボスのDr.KYONがアコーディオンで参加などゲスト陣も豪華。

恋愛モノあり、“あるある”ありと多彩なアルバムは、ヴィジュアル系にとどまらず、新しいJ-POPの形態としても要注目の一枚。ライブは3月5日渋谷WWW、3月12日大阪ファンダンゴ、3月13日名古屋アポロベースにて。マキタスポーツが提唱する新しいエンタテイメントを体感して。
 
マキタスポーツのインタビューはこちら

マキタスポーツpresents
Fly or Die『矛と盾』(コロンビアレコード)

発売中

Recomended Post