01
Culture Post
二階堂ふみ、村上虹郎が初共演で恋人同士
「うたかたの恋」舞台裏インタビュー

若手演技派女優として個性的な魅力の女優・二階堂ふみと、新人ながら独特の雰囲気で存在感を放つ俳優・村上虹郎。「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」最新号誌上にて初共演し、恋人同士を演じてくれた二人。撮影現場の舞台裏スナップとともに送るWeb限定インタビュー。誌面では紹介しきれなかった撮影エピソードや二人の恋愛観とは…。舞台裏スナップもチェック!
(『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2016年5月号掲載)

Text:Subaru Kawachi
Edit:Masumi Sasaki

fumi nikaido nijiro murakami

セルジュ・ゲンスブールとジェーン・バーキンみたいに

──本誌で掲載されている二人が恋人同士を演じたヴィジュアルストーリーは二階堂さんからの提案で実現した企画ですが、撮影を終えた感想は?

二階堂ふみ(以下F)「いろんなシーンにトライができて、自由な気持ちでできたのでとても楽しかったです。以前二人で『ファッション撮影ができたらいいね』なんて話していたこともあるし、恋をテーマにしたこのストーリーを二人で楽しくできそうだと思ったんです。『虹郎、よく動くな~』って思いながら、楽しくできました(笑)」

──恋というテーマはどこから?

F「いつか昔の雑誌で、男女がカップルの設定になっているフォトストーリーを目にしたことがあったんです。セルジュ・ゲンスブールとジェーン・バーキンの2ショットなどもそうですが、写真の中の二人がすごく素敵で、見ている方が思わず憧れてしまうことってありますよね。この企画もそんなふうに感じてもらえるページにできたらいいなと考えていました。いつまでもスクラップして取っておきたいと思ってもらえるようなページに」

村上虹郎(以下N)「僕はこのお話をいただいた時に、ふみさんのテンポに任せてとにかく楽しもうと思っていました。何しろ、年齢はもちろんですが、キャリアの面でも大先輩ですからね。実際に撮影は最後までスムーズ。個人的には二人が抱き合っているラストのカットが気に入っています。この企画に続いて、いつかは映画で共演ができたらいいですね」

F「そう、私たちって共演していそうで意外に機会がないんですよね。今日のように二人だと、単独の撮影とは違って、相手がいるからこその表現ができたようにも感じました。それに、ファッションも素敵でフェミニンな服が多かったから、100%女の子の気分を満喫できてうれしかったです」

Recomended Post