375
Fashion Post
Farfetch × Numero TOKYO
田中杏子のイチ押しセレクションPROMOTION

海外ラグジュアリーブランドから新進気鋭のデザイナーものまで、メンズ&レディスの最新アイテムが揃う、イギリス発ファッション通販サイト「ファーフェッチ(Farfetch)」でショッピング!※表示価格はファーフェッチサイト上での輸入関税込みの価格となり、為替の関係により価格変動する場合があります。

Photos:Wataru Fukaya
Hair:Tano
Makeup:Kie Kiyohara
Text & Edit:Masumi Sasaki, Kefa Cheong

田中杏子がファーフェッチで見つけた
お気に入りアイテム8選

farfetch_p03_main

2017年春夏トレンドを先取りする
ホットなアイテム

ファーフェッチの最新コレクションの中から田中杏子が注目する服から小物までをピックアップ。思いっきり色や遊び心を取り入れて、モードに着こなすポイントとともに紹介します。

farfetch_p3-1
farfetch_p03-02

1. Loewe
ロエベのマルチカラーバッグ

「2017年春夏のトレンド、レインボーカラーを先取り。派手色に抵抗のある人はまずは小物から始めてみて。バッグの色と服を合わせれば、着こなしの幅も広がります。もちろんシンプルな白T&デニムでもぐっとおしゃれに」¥359,640/Loewe

アイテムの詳細はこちら

2. Marni
マルニのスウェットシャツ

「大ぶりなモチーフと、太めの七分丈スリーブにルーズフィットなボディのバランスが絶妙! ジーンズ、ショートパンツ、ロングスカートなど、どんなボトムにも相性抜群の形と色。柄に使われている色を取り入れるのも手です」¥102,208/Marni

アイテムの詳細はこちら

3. Coach
コーチのマルチパネル ワンピース

「小花柄のワンピースもいいけど、レオパードやエスニックなどタイプの違う色と柄を組み合せたパンチの効いたデザインがおしゃれ度をアップしてくれる。タイツやシューズを黒で引き締めて、ワンピースを主役に」¥100,016/Coach

アイテムの詳細はこちら

4. Sophia Webster
ソフィア・ウェブスターのウェッジソールサンダル

「黒×白ボーダーのウェッジソール、レザーのメッシュ使い、スポーティなアンクルストラップといった主張のあるデザインで足元にインパクトを。シンプルな黒いパンツやジャンプスーツの裾からソールを見せたり、カラーソックスやタイツを合わせたり、一歩踏み込んだおしゃれにトライ!」¥92,895/Sophia Webster

アイテムの詳細はこちら

farfetch_p3-3
farfetch_p3-4

5. Stella McCartney
ステラ マッカートニーのプリントシャツ

「スカーフ調のシャツなので、ハイウエストのパンツやルーズなボーイフレンドデニムにインして着たい。ちょっとリアルなアニマルモチーフなので、裾をロールアップして足首を出したり、リュックを持ったり、遊び心をプラスして外すのがおすすめ」¥139,991/Stella McCartney

アイテムの詳細はこちら

6. Fendi
フェンディのスタッズバッグ

「これからのバッグ選びは脱単色、脱シンプルがおすすめ! 黒いバッグでもポップなデザインや装飾で色と遊び心を効かせて。服がシンプルな時こそ、バッグをアクセントにしてスタイリングを楽しんみては」¥135,000/Fendi

アイテムの詳細はこちら

7. Aquazzura
アクアズーラのシルバーシューズ

「シックなスタイリングも、華やかでおしゃれ上級者な仕上がりにしてくれるシルバ—やゴールドのシューズ。何にでも相性よく服を選ばないので持っていると便利。レースアップがチラリと見えるぐらいのロングスカートに合わせたい」¥90,353/Aquazzura

アイテムの詳細はこちら

8. Carolina Herrera
キャロリーナ ヘレラのフレアワイドパンツ

「ボリュームのあるフレアワイドパンツに厚底シューズを忍ばせれば脚長効果大。きれいなパンツなので、襟付きブラウスやショート丈のトップス、タイトなニットと着こなして上品にフレンチカジュアルの雰囲気で」¥133,748/Carolina Herrera

アイテムの詳細はこちら

Farfetch
www.farfetch.com

Profile

田中杏子(Ako Tanaka)編集長。高校卒業後にイタリアに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。誌面でのスタイリングのほか、広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numero TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO'S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recomended Post