375
Fashion Post
Farfetch × Numero TOKYO
田中杏子のイチ押しセレクションPROMOTION

海外ラグジュアリーブランドから新進気鋭のデザイナーものまで、メンズ&レディスの最新アイテムが揃う、イギリス発ファッション通販サイト「ファーフェッチ(Farfetch)」でショッピング!※表示価格はファーフェッチサイト上での輸入関税込みの価格となり、為替の関係により価格変動する場合があります。

Photos:Wataru Fukaya
Hair:Tano
Makeup:Kie Kiyohara
Text & Edit:Masumi Sasaki, Kefa Cheong

田中杏子がファーフェッチで本気買いしたアイテムと私物をミックススタイリング!

farfetch_p2

シックなカラーを華やかに
きれいに着こなす“ON”のスタイル

「大ぶりなフローラルプリントのパンツを主役に、シルエットが美しいミニマルなネイビーのケープを羽織って、ロング&リーンのきれいめなスタイリングに仕上げました。インナーのトップにはボトムの柄が映えるようにホワイトのタートルネックを選び、ケープの袖からぱきっと覗かせるのがポイントです」

farfetch_p1

1. Stella McCartney
ステラ マッカートニーのケープ

「デコラティブだったり、ボリュームがあったり、袖にデザインのある服のときのアウターには、断然ケープがおすすめ。何にでもコーディネートしやすい万能アイテムです。このケープは、ハイネックとコンパクトだけどシャープなショルダーがポイント」¥176,220/Stella McCartney

アイテムの詳細はこちら

2. N°21
ヌメロ ヴェントゥーノのパンツ

「パンツで大柄プリントのデザインはあまりないのと、派手だけど落ち着いた色使いが着こなしやすそうなので気に入りました。裾にかけてややブーツカットになっているラインも◎。丈は長めでボリュームあるハイヒールと合わせて足長効果を狙うのがおすすめ」¥89,046/N°21

アイテムの詳細はこちら

Farfetch
www.farfetch.com

“OFF”の日のスタイルは?

Profile

田中杏子(Ako Tanaka)編集長。高校卒業後にイタリアに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。誌面でのスタイリングのほか、広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numero TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO'S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recomended Post