290
Lifestyle Restaurant
ガールズ♡餃子
GYOZA BAR Comme a Paris
food
肉ギョウザ/¥550、パクチー のせギョウザ/¥680

“GYOZA BAR”で女子会やデートが大人気。ジョシが好きな今どき餃子はひと味違う。化学調味料不使用、皮、餡素材へのこだわり、ソースやタレは、ワインやオーガニックレモン、ハーブ素材などを使った各店舗の個性がおいしさをUP。ワイン片手にGYOZAをつまみ、夏の夜を楽しみたい! 一軒目は、「GYOZA BAR Comme a Paris」。

Photos:Masahiro Goda
Text:Mika Kitamura
Edit:Yuuka Shiomi

パリで、ワインと楽しむギョウザが大流行!「コムアパリ」とは「パリのような」という意味。オーナーは青山「NARUKAMI」のシェフ鳴神正量さん。店名どおり、パリでいま人気の餃子バーに出合ってインスパイアされ、青山で昨年オープンした。ギョウザの皮は薄めでモッチリ。カリリと焼かれた食感との対比が楽しい。フィリングは、豚ひき肉にキャベツ、ニラ、ネギ、干し椎茸。ホワイトペッパーとバルサミコが隠し味。ニンニクは入れない。フレンチシェフらしい発想で味を構築している。ギョウザは8種類。パクチーやみょうが、大根おろしをたっぷりのせたものや「オニオングラタンギョウザ」など、意表を突くスタイルだが、味がしっかり決まっている。トマト、白味噌&ハーブ、黒ごまラー油の3種類のソースが添えられ、おいしさがさらにアップ。また、ボリュームたっぷりのサラダやフレンチフライ、牛すじの煮込みなどのサイドメニューも当然、鳴神シェフ仕込みで、本格派の味わい。ビオも含めたワインのセレクトも充実している。アトランダムに写真が飾られた店内は、ギョウザ店とは思えないスタイリッシュさ。店内は女子のみで満席という日もあるという。「ギョウザとワイン」をキーワードに、女友達や彼、家族を誘ってみて。ギョウザには誰もが相好を崩すはず。幸せなひとときが間違いなく待っている。

numerotokyo #99 dish

GYOZA BAR Comme a Paris
住所/東京都渋谷区渋谷2-2-4 青山アルコープ205 
営業時間/17:00〜25:00(L.O.)
定休日/日
TEL/03-6427-6116
URL/www.aoyama-gyozabar.com

Recomended Post