11
People Interview
バレエダンサー 飯島望未
世界に挑戦する彼女が叶えたい夢

バレエ・ダンサーとして世界を舞台に活躍し、インスタグラムを通してファッショニスタとしても注目を集める飯島望未にインタビュー。

Photos:Satomi Yamauchi 
Hair&Make:Fumiko Hiraga
Interview&Text:Anri Murakami(WWD JAPAN)
Edit:Yukiko Shinmura

nozomi iijima

6歳からバレエダンサーとしてのキャリアをスタートし、15歳で単身渡米。翌年にはヒューストン・バレエ団と当時最年少契約でプロデビュー。ソリスト昇格後は、念願だった振付家ウィリアム・フォーサイスの『イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレベイテッド』で主役を務めるなど、持ち前の精神力とパワフルさで、数々の舞台や大役に挑んできた。帰国後は表現者としてだけではなく、ファッショナブルな私服も目を引き、従来のバレエダンサーのイメージを覆す新たなアプローチにも注目が集まっている。幼少期にプロになることを決意し、常に自らの目標を高く設定しクリアし続けてきた彼女の経験と、さらなる目標とは?

根っからの負けず嫌いがプロへの道を開く

──バレエとの出会いを教えていただけますか?

「小さいころは姿勢が悪く、矯正するため母に通うことを勧められたのが、バレエとの出会いです。母がもともとバレエ好きだった訳ではなく、気軽な気持ちで体験レッスンに参加しました。それが6歳のとき。教室の同い歳の子たちは、みんな3歳位からバレエを習い始めていて、踊れるのは当たり前。私はもちろん初めてのレッスンだったんですが、一人だけ出来ないのがすごく悔しくて。そこで根っからの負けず嫌いを発揮してしまったんです。『もっと踊れるようになりたい!』と自ら言い出したのが、バレエを始めるきっかけになりました」

──プロになりたいと意識し始めたのはいつ頃からですか?

「本格的にバレエやっている子が多い教室だったので、私も早くみんなに追いつきたいと、習い始めて1年でコンクールに出させてもらっていました。ちょうど同じ頃、母と当時から日本で有名だったバレエダンサー、森下洋子さんの『ジゼル』を観に行ったのですが、圧倒的なオーラで役を自分のものにしていることに、子どもながらに感動してしまって。『あんな風になりたい!』と思ったのが7歳の時。そこからプロになることをだんだんと意識し始めました」

──その後、単身渡米することになったきっかけは? また、若くしてバレエの道を突き進むことに迷いはなかったのでしょうか。

「ちょうど留学を意識し始めていた頃、『ユース・アメリカ・グランプリ』というバレエコンクールで入賞することができました。その結果、特待生としてヒューストン・バレエ団のサマースクールに6週間参加できて、その後ジュニアバレエ団の研修生になれるというもの。条件がとても良かったので、特に強いこだわりはなく、行ってみようと思いました。若い頃からバレエ留学をする人たちが多い環境で育ってきたので、私も当たり前のように海外に出たいと思っていましたし、逆に、バレエ以外のことをする選択肢は頭になかった。日本で踊っていても学べることは限られてくるので、留学は全く思い切った決断ではなかったですね」

オレンジリキュール「コアントロー」が夢を追いかける女性たちをサポート!

02

──ヒューストン・バレエ団の研修生になり、日本とギャップを感じることも始めは多かったのでは?

「1番のギャップは、バレエに対する講師の思想が全く違ったことです。日本では、何回回れるかとか、どれだけ脚が高く上げられるかを重要視する傾向にありますが、ヒューストン・バレエ団ではどれだけ回れても脚が上がっても、ただそれだけ。テクニックだけでなく、そのプロセスが大事だということに気付かされました。感情表現についても厳しく指導されて、表現力の重要さも学びました」

──言葉の壁はどのように克服したのでしょうか?

「バレエ漬けの毎日で留学前は全く勉強をしていなかったので、語学は現地で0から覚えました。当時は、ラッキーなことにバレエ団の中にも、まだ日本人が少なくて。アメリカ人の友達が作りやすかったこともあり、周りにはかなり助けられましたね。今なら全く話せないで留学することに不安を感じるかもしれませんが、若かったので何でもできたんだと思います(笑)」

──若干16歳の日本人ダンサーが海外でプロ契約を結ぶことは容易ではないはずです。何が決め手になったのでしょうか?

「通常はプロ契約の前にオーディションがありますが、私の場合は突然ディレクターに呼び出されて『契約をあげるよ』と言われたんです。本当にラッキーでした。後日『なぜオーディション無しに契約をくれたのか?』と聞いてみると、『15歳で渡米して、何を言われても泣かないし精神的にも強い。この子はプロになってもくじけず頑張れるタイプだ』と思ってくれたみたいです。実は、英語がまだ上手く話せない研修生時代に、バレエ団のリハーサルで私だけ先生の言っていることがすぐに理解できず、役を下ろされてしまったことがありました。普通だと落ち込んでしまうのかもしれませんが、私は物応じしないタイプなので、そう言われても平然としていて。言い方を変えると、態度が大きく見えたのかもしれません(笑)。でもディレクターには、そういうところを逆に面白がってもらえました。当時バレエ団の中では最年少だったので、育てたいという気持ちもあったんでしょうね。今でも、そのディレクターにはとても感謝しているし、尊敬もしています」 

人生の転機になった
作品と講師の言葉

Ms.COINTREAU

Profile

飯島望未(Nozomi Iijima)バレエダンサー。大阪出身。6歳からバレエを始める。13歳で『ユース・アメリカ・グランプリ』3位に入賞し、奨学金を獲得。07年15歳で単身渡米する。ヒューストン・バレエ団の研修生になり、翌年同バレエ団とプロ契約を結ぶ。13年米ダンスマガジンにおいて「25人のいま観るべきダンサー」に選出。14年ソリストに昇格し、『白鳥の湖』や『くるみ割り人形』などのクラシックバレエの作品だけでなく、ウィリアム・フォーサイス振り付けの『イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレベイテッド』などのコンテンポラリー作品でも高い評価を得る。15年同バレエ団を退団。帰国後は、日本を中心に精力的に活躍。16年8月からはスイスのチューリッヒ・バレエ団への所属が決定している。

1875年、フランスで誕生したリキュール「コアントロー(COINTREAU)」。ビター&スイートオレンジの果皮を使用した、世界で最も有名なホワイト・キュラソー。“女性のためのリキュール”という創業当時からの信念に基づき、夢を追いかける女性を支援するプロジェクト「コアントロー・クリエイティブ・クルー」を世界的に実施中。日本でも4人の女性をフィーチャーする企画「Ms.COINTREAU」がスタート。

  

www.cointreau.com

COINTREAU Offcial facebook

Recomended Post